NumberEYESBACK NUMBER

青学優勝で幕を開けた、
大学駅伝の新・戦国時代。
~出雲で見えた、各校の勢力図~ 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byShunsuke Mizukami

posted2012/11/02 06:00

10月8日に行われた出雲駅伝でゴールに飛び込み、仲間に胴上げされる青学の主将、出岐雄大。

10月8日に行われた出雲駅伝でゴールに飛び込み、仲間に胴上げされる青学の主将、出岐雄大。

 鮮烈な初優勝だった。

 10月8日に行なわれた出雲駅伝で、青山学院大が出雲、全日本、箱根の学生三大駅伝を通じて初めての優勝を飾った。

 今季の大学駅伝は戦力が充実し、春から「三冠」を宣言した駒大、「山の神」柏原竜二が卒業したとはいえ箱根優勝メンバーが6人残った東洋大の二強の構図と見られていた。しかし近年、急速に戦力を充実させてきた青学大の優勝で、今季の箱根をめぐる状況は混沌としてきた。

1年生の久保田とエースの出岐らが奮起し、2位に1分29秒差の圧勝。

 青学大優勝の立役者となったのは3区を走った1年生の久保田和真。この久保田、高校時代から駅伝には滅法強い。昨年の全国高校駅伝の「花の1区」、1月の都道府県対抗駅伝の5区でも区間賞。出雲では首位の順天堂大と13秒差でタスキを受けると、3km地点で一気に抜き去った。

 レース前、青学大の原晋監督は「2区までに40秒から60秒差だったら久保田で逆転して30秒差をつけるプラン」と話していたが、まさに筋書き通りの展開になった。

 しかもアンカーには3月のびわ湖毎日マラソンで好走した出岐雄大が控え、終わってみれば2位の東洋大に1分29秒差をつける圧勝。序盤で「流れ」を作ったことが最大の勝因だが、安定感のある上級生に、スター性のある下級生が加わり、絶妙のバランスが保たれている。箱根では、こういうチームが強い。

 一方、東洋大、駒大の二強は流れに乗り損ねた。レース当日は、1、2区が強い向かい風を受ける悪条件。そこで二校ともにエース級の選手が集団に沈み、後手に回ってしまった。

<次ページへ続く>

【次ページ】 東洋大は収穫あり。だが主力級を投入した駒大は……。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ