NumberEYESBACK NUMBER

頂点極めたシャラポワ、
「氷上の牛」からの脱却。
~ウィンブルドンで再びの栄冠へ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2012/06/25 06:00

頂点極めたシャラポワ、「氷上の牛」からの脱却。~ウィンブルドンで再びの栄冠へ~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

3度目のマッチポイントが決まり、膝から崩れ落ちたシャラポワ。

「テニス人生のこの時点で、初めて決勝の舞台に立てるというのは素晴らしいことね」

 全仏オープンで初の決勝進出を果たし、翌週発表されるランキングでの4年ぶりの1位奪還を確定させたシャラポワは、笑顔で話した。

「この時点」という言葉に、彼女の思いが込められている。

 '04年ウィンブルドンでの四大大会初制覇から8年。その間、右肩の故障で'08年8月から実質1年近くツアーを離れ、ランキングは一時、126位まで落ちている。肩痛の影響からかサーブの不調が続き、心理的重圧で腕が振れなくなるイップスにも悩んだ。彼女はパワーテニスの代表格だったが、女子テニスの趨勢はパワーからフィジカルに移行し、強打だけでなく、守備もこなせるフィジカル、すなわち体幹や足腰の強さが求められるようになった。攻めているうちはいいが、守勢に回ると長い足を持て余し、フットワークがもたつくのが彼女の弱み。守れないシャラポワは、過去の選手とも見られるようになっていた。

全仏の女子シングルス決勝で、新しいシャラポワの強さを披露。

 ところが、復帰してからのシャラポワは猛ダッシュで時代に追いついた。昨年のウィンブルドンで準優勝。今季も全豪、この全仏と続けて決勝進出を果たしたのだ。

 全仏で使用するクレーは特にフットワークが問われるコート。以前、シャラポワは、赤土コートでの自らのフットワークのおぼつかなさを「氷上の牛」と自嘲したことがある。走れず、止まれず、踏ん張れず、というわけだ。ところが今大会、彼女は見違えるような動きを見せた。

「クレーに備えてフットワークを練習したというより、全体的に動きがよくなったのだと思う」

 拠点とするアメリカで中村豊トレーナーらと取り組んだ鍛錬の成果だという。もともと練習熱心で知られるが、昨季オフの集中的なトレーニングで動きの質を上げたのだ。氷上の牛は、すっかり過去の話となった。

 女子シングルス決勝は、新しいシャラポワの強さを披露する舞台となった。クレーコート巧者のサラ・エラニ(イタリア)がドロップショットやネットプレーで揺さぶっても、しっかりした足腰は崩れない。長い足を折り曲げ、足裏を地面に食い込ませて放つショットは格段に安定性が増した。

 女子では史上10人目となる生涯グランドスラム(四大大会全制覇)達成。その瞬間、シャラポワは赤土にひざをつき、世界中の祝福を受け止めるかのように両腕を大きく広げた。

【次ページ】 「妖精」と呼ばれた少女の頃との大きな変化。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マリア・シャラポワ

ページトップ