Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<忘れられない瞬間を> クルム伊達公子 「“女王”に挑んだセンターコート」~2011年6月22日:ウィンブルドン~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byCamera Sport/AFLO

posted2012/06/21 06:00

<忘れられない瞬間を> クルム伊達公子 「“女王”に挑んだセンターコート」~2011年6月22日:ウィンブルドン~<Number Web> photograph by Camera Sport/AFLO

15年ぶりのセンターコートで躍動する大会最年長のクルム伊達公子。大会屈指の名勝負に本場・ロンドンの観衆も酔いしれた。

 1回戦で地元英国のケイティ・オブライエンを下したクルム伊達公子。ウィンブルドンで15年ぶりに味わう勝利の美酒だった。40歳8カ月でつかんだ勝利は、ウィンブルドンでは、1968年のオープン化(プロ解禁)以降、2番目の年長記録となった。

 2回戦で伊達が挑んだのは、このテニスの聖地で5度の優勝を誇るビーナス・ウイリアムズ。対戦が決まると伊達は「相手のパワー、スピードについていけるかどうか。あのサーブにさわれるのか」と苦笑まじりに話した。パワーテニスで一時代を築いたビーナスとの初対戦。試合前には、力に押され、手も足も出ないという事態も考えられた。対策は練るが、最後は開き直るしかない。「できる範囲のプレーをするだけ」と心に決め、伊達は芝の女王に挑んだ。

 ボールに触れることも難しいと見ていたサーブだったが、いきなり相手のサービスゲームを破る好スタート。これが大きかったと伊達は言う。流れを引き寄せ、思い描いた通りの形でゲームを進めていく。

 伊達は、球足の速いグラス(芝)コートで有効とされる攻めを次々に繰り出した。下がりすぎず、ベースラインに踏みとどまって、早いタイミングでボールを打ち返す。アプローチショットを放つとネットに突進し、ドロップボレー、ハーフボレーと、ネットプレーの技巧の限りを尽くした。

番狂わせを期待し、静かに興奮していた英国の観客たち。

 リズムをつかんだ伊達が5-1と先行する。ここから相手に5ゲーム連取を許し、リードを吐き出したが、タイブレークを制し、7-6でセットを奪った。

グランドスラム優勝7回を誇るV.ウイリアムズとの対戦。大熱戦の末、惜しくも敗退したクルム伊達公子が見せた飽くなき執念と軽快なプレーに大きな拍手が送られた。

 第2セットは疲れが出たのか「体が重くなり」、3-6で落とす。第3セットも0-2のスタート。ビーナスのサーブの威力は衰えず、伊達はすでに弾丸を打ち尽くしたようにも見えた。ところが、ここから伊達が盛り返すのだ。相手のサービスゲームをブレークバックし、タイに追いつくと、その後はサービスキープが続く。雨模様で屋根を閉めたセンターコート。マナーのよい英国の観客は、番狂わせを期待し、静かに興奮していた。

 15年前にも、このセンターコートで人々が固唾を呑んで伊達のプレーを見守る場面があった。この時、伊達は女王シュテフィ・グラフを追いつめていた。試合の流れは、第2セットを奪った伊達に傾いていた。ところが、グラフは日没が迫ってボールが見えにくいとアピールし、大会側もこれを認めた。試合は順延となり、翌日の再開後はグラフがペースを取り戻す。伊達は大魚を逃した。

【次ページ】 2時間56分の死闘。伊達の表情には満足感が……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
クルム伊達公子
ビーナス・ウィリアムズ

ページトップ