野ボール横丁BACK NUMBER

野球の華はショートかピッチャーか?
日本人野手の評価がMLBで低い理由。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/01/18 10:30

ニューヨーク・ヤンキースにデレク・ジーターの控え遊撃手として移籍する可能性もあった西武・中島裕之。来年改めてFAでメジャーに挑戦するという意向を発表している

ニューヨーク・ヤンキースにデレク・ジーターの控え遊撃手として移籍する可能性もあった西武・中島裕之。来年改めてFAでメジャーに挑戦するという意向を発表している

「日本人は野手が育たないね」

 先日、ある人にそんな風に言われた。日本人野手に対するポスティングシステムの入札額が軒並み低かったからだ。

 だが、私はこう反論した。「育たないんじゃなくて、人材が回ってこないだけですよ」と。

 神奈川県の強豪高校の監督がアメリカにコーチ留学したときの話だ。監督は、その際、わざわざ横浜高校時代の松坂大輔の映像を持っていった。日本にもこんなに素晴らしい投手がいるということを見せたかったのだ。

 だが、彼らの反応は意外なものだった。

「なんでショートにしないんだ?」

 彼らアメリカ人の思想が、ここに端的に表れている。彼らにとって野球とは打つことを競うスポーツであり、華は「3番ショート」なのだ。松坂の投球フォームを見て、彼が類い希な運動能力の持ち主であり、「3番ショート」をこなせる選手であることを見抜いたのだろう。

 余談になるが、メジャーでビジターチームが自動的に先攻になる習慣も「まずは、お客さんに打ってもらう」というもてなしの発想からきていると聞いたことがある。もし、野球が日本発祥のスポーツであったなら、逆になっていたのではないだろうか。「まずはお客さんに守ってもらおう」と。

アメリカだと「野球はショート」から。日本だと「野球はピッチャー」。

 前述の監督は、留学体験をこう振り返る。

「アメリカの学生って、あんまりピッチャーをやりたがらないんだよね。まず、打ちたい。だから、背がひょろっと高くて、ちょっと不器用そうで、他に守るポジションがないような選手が投手になりがち。松坂も、なんで守れてしかも打てる選手をわざわざピッチャーにしなきゃいけないんだという発想なんでしょうね」

 日本の高校野球の監督に、新チームを立ち上げるとき、まずどのポジションから決めますかと何度か聞いたことがある。すると、十中八九、投手だと答える。希に捕手だと言う監督もいるが、それはあくまで投手を最大限生かすための判断であり、「野球はピッチャー」という思想の延長に過ぎない。

<次ページへ続く>

【次ページ】 ダルビッシュも田中将も高校時代はすごい打者だった!?

おすすめスポーツ動画

ページトップ