Column from EuropeBACK NUMBER

ペトロビッチと小野伸二の絆。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byDaiju Kitamura/AFLO SPORT

posted2004/05/07 00:00

ペトロビッチと小野伸二の絆。<Number Web> photograph by Daiju Kitamura/AFLO SPORT

 来季からフェイエノールトは新体制になる。監督には元オランダ代表のグーリット、そしてアシスタントコーチには浦和レッズでもプレーしたことがあるペトロビッチが就任することになった。ペトロビッチは現在RKCヴァールバイクでプレーしているが、小野伸二とはときどき食事をする仲。レッズ時代の先輩のコーチ就任を小野伸二も「楽しみにしている」と語っている。

 SVというビッグクラブでの経験もあり、ユーゴスラビア代表でもあるペトロビッチと小野には特別な絆がある。ペトロビッチがレッズに在籍していた1997年、小野がチームに入団してきた。ペトロビッチは小野の18歳とは思えないテクニックに驚いたが、まだ遊びの延長でプレーしていることが気になった。ペトロビッチは、思い切ってこのルーキーを呼び出すことにした。

「あと2、3年もすれば、おまえはヨーロッパで大きな投資の対象になっているだろう。だが、そこで成功するためには、もっと実効的なプレーもできるようにならなければダメだ」

 3年後、ペトロビッチの予想どおり小野はオランダへ移籍する。彼の助言は少なからず、小野のプレーに影響を与えたに違いない。

 元々テクニカルマネージャー志望だったペトロビッチが、監督を目指すことになったのは、RKCのマーティン・ヨル監督からアドバイスを受けたからだった。「お前は別の道を考えた方がいい。監督になれ」。ヨル監督はペトロビッチに、監督に必要とされる“リーダーシップ”が備わっていることを見抜いていた。若き小野にアドバイスしたように、多くの選手をいい方向に導く才能がある。今季ペトロビッチはRKC2軍の監督になり、指導者としての経歴をスタートさせた。そして、あるパーティーでグーリットと意気投合し、来季からフェイエノールトのコーチに就任することになったのである。

「目標はオランダ代表の監督になること」というペトロビッチだが、こう語っていたこともある。

「将来、また日本に戻って、浦和レッズの監督をやってみたい」

 ペトロビッチは言う。

「オランダの戦術は世界一。システムは関係ない。大事なのはクライフが言うように“5ライン”でプレーすることなんだ」

 ユーゴスラビアで生まれ育ち、オランダで監督業を学んだペトロビッチは、いつかその経験と知恵を日本にもたらしてくれるに違いない。

■関連コラム► 小野伸二とドゥンガ。Jリーグを刺激する意外な共通点。 (10/02/01)
► ボーフムで「充実した時間」を過ごし、小野伸二が帰ってくる。 (10/01/21)

関連キーワード
小野伸二
ゼリコ・ペトロビッチ
浦和レッズ

ページトップ