Sports Graphic NumberBACK NUMBER

多摩川と伊東~「地獄」が育てた「純正巨人軍」~
/特集 『ジャイアンツ、常勝帝国の新次元』 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byMakoto Kemmisaki

posted2009/07/24 11:30

多摩川と伊東~「地獄」が育てた「純正巨人軍」~/特集 『ジャイアンツ、常勝帝国の新次元』<Number Web> photograph by Makoto Kemmisaki
 巨人軍の黄金時代は、生え抜きの精鋭たちを猛特訓で鍛えることによって築かれた。多摩川で、伊東で、数多の選手がしごき抜かれ、血と汗と涙をグラウンドに流してきた。地獄から這い上がってきた男たちは、一段と結束し、戦う集団へと変貌していったのだ。

「人里はなれた多摩川に 野球の地獄があろうとは 夢にも知らないシャバの人 知らなきゃおいらが教えましょ」

 歌のタイトルは『多摩川ブルース』。V9時代に“赤い手袋”で一世を風靡した切り込み隊長、柴田勲が当時の流行歌の替え歌として作ったもので、「野球の地獄」に耐える巨人軍の二軍選手の間で脈々と歌い継がれていった。

 柴田は当時をこう振り返る。

「雨が降っても平気で練習しましたね。ONが率先して練習に取り組むのだから、下の者が文句を言えるはずもない。巨人の伝統は猛練習の歴史なのかもしれません」

 まだドラフト制度がなかった1960年代、巨人軍のユニホームに憧れて全国から集まって来た選手たちは、多摩川河川敷のグラウンドで汗を流し、泥にまみれていた。

 寮暮らしをしていた王貞治は、当時の自分をこう回想する。

「練習が終わってクタクタになって、歩くのもいやだった。多摩堤通りを通るオート三輪に乗せてもらい、中原街道と接する丸子橋のたもとで降りて、対岸にある寮まで帰るのがやっとの毎日だった」

血反吐を吐く猛練習が「巨人の星」を育てた。

 かつて巨人軍の強さは猛練習によって培われていた。生え抜きの選手を鍛え上げ、巨人の伝統を叩き込み、一人前に育てていく。その選手たちが戦う集団となったからこそ、数多の栄光も生まれたのだ。

 伝説として残っているのは球団創設まもない'36年に行われた、茂林寺(群馬県館林市)の猛特訓。2度の米国遠征の後、慢心と気の緩みによって弱体化していたチームを引き締めるため、藤本定義監督が白石敏男、永沢富士雄らに、彼らが血反吐を吐くまで猛ノックを浴びせた。

 多摩川での猛練習が始まったのは、それから26年後の'62年。川上哲治監督就任2年目、前年の首位から4位に転落した直後だった。そしてその猛練習が、'65年から始まるV9という偉業の礎となったのである。

「打倒V9」を旗印に、精鋭18名が挑んだ長嶋監督の特訓。

 ONを中心に、柴田、土井正三、森昌彦(現・祇晶)らの脇役がしっかり機能していた無敵の川上政権が終わりを告げたのは'74年であった。そしてその後を引き継いだ青年監督・長嶋茂雄の下、伝統の猛練習が復活する。地獄の伊東キャンプである。

 '79年、監督生活5年目の区切りのシーズンを5位で終えた長嶋は、チームの主力をV9選手から生え抜きの若手に切り換える必要性を痛感した。そこで自分が立教大学時代にキャンプを張り、千本ノックで鍛えられた静岡県伊東市に秋季キャンプの場所を定め、少数精鋭の18名で猛練習を始めたのであった。

 キャンプ参加者の一人、角盈男はこう語る。

「『レギュラーポジションは与えられるものではない、奪い取るものだ』という長嶋さんの大号令の下でスタートし、みんなライバル心を持って臨みました。V9メンバーの参加は河埜(和正)さんだけでしたから、誰も口にはしませんでしたが、『打倒V9、第二の黄金時代を作ろう』という意気込みもあった」

 当時の巨人は江川卓の“空白の一日”事件もあって、世間的にも肩身の狭い思いをしていた時期だった。それだけに、何とかもう一度強い巨人を自分たちの時代に作って、盟主の座に復権したいという思いが、選手たちにはあった。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 伝説の伊東キャンプで選手たちが味わった“地獄”とは。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ

ページトップ