Sports Graphic NumberBACK NUMBER

松井大輔&長谷部誠 挑戦者は躊躇している。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/Tsutomu Kishimoto

posted2008/06/26 18:21

 マスカットでのW杯3次予選オマーン戦をドローで終え、日本代表はそのままタイのバンコクに移動していた。

 「勝ち点1を取れたのは良かったけど、勝てた試合だったし、自分もちょっとね……」

 松井大輔は、浮かぬ表情でそう言った。

 アウェー決戦は、前半12分に先制されたが、後半8分に遠藤保仁のPKで追い付くという展開になった。その後も怒涛の攻撃を見せ、勝ち点3を取りに行ったが、1-1のまま勝ち切れなかった。

 それが、松井には不満だった。

 「あれだけ攻めて、いい形もけっこう作れたのにPKだけなんで。僕も1本外しましたけど、決める時に決めないとダメですね」

 そう言うと、小さくため息をついた。

 酷暑の中、フル出場を果たした長谷部誠も複雑な表情を見せた。

 「まぁ負けなかったことが一番。勝てたと思うけど、予選はしっかり勝ち点を積み重ねていくことが大事なんで。でも、自分のプレーは……ちょっと物足りないですね」

 少し視線をズラして、そう言った。

 松井と長谷部は、W杯3次予選4試合を戦うため、欧州組として中村俊輔とともに招集された。岡田武史監督になってからは初参戦。チームに融合した彼らが、どんな化学変化をもたらすのか、注目された。

 スタートは、上々と思われた。キリンカップのコートジボワール戦から2人はスタメン出場。松井がボールを奪って起点となり、長谷部が右サイドからクロスを上げて玉田圭司の決勝ゴールをアシストした。つづく、パラグアイ戦でも2人は途中出場し、3次予選出場に向けてのデモンストレーションは終わった。岡田監督は「松井と長谷部は、何の違和感もなく、溶け込んでくれた。ここまでできるんだっていう手応えを感じたよ」と高く評価。2人はレギュラーに名乗りを上げた。

 しかし、岡田監督の評価とは裏腹に、松井と長谷部の見せた表情は、厳しかった。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ