SCORE CARDBACK NUMBER

雨のモナコ、勝者と敗者を分けた“ミス”。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2008/06/12 00:00

雨のモナコ、勝者と敗者を分けた“ミス”。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 11年ぶりのウェット・モナコ、数え切れないくらいあちこちでクラッシュが起きた。そのたびに雨で濡れて重くなったイエローフラッグが振られ、セーフティーカーが2回(計9周)も出動する事態になった。2時間00分42秒742、平均時速126.170キロ、78周レースの76周目終了でタイムオーバー。L・ハミルトンは2年目にしてこの伝統のグランプリを勝ち取った。6周目に海岸沿いタバコ・コーナーでミスして右後輪タイヤを損傷したが、チームは瞬時に好判断、たっぷり燃料を入れて54周目まで行かせた。

 天候はしだいに好転、適切なタイミングでドライタイヤへとつないだハミルトンは、雨雲が切れて明るくなった街の中を落ち着いて飛ばしていった。確かに運も良かったが、これがモナコで過去最多14勝しているマクラーレン・チームの勝ち方そのものなのだ。バランスの取れたレースセットアップを施したエンジニア、正確で早いピットワークをこなしたメカニックに、若いハミルトンは改めて感謝すべきだろう。6周目のミスはカバーされたのだから。

 フェラーリ完敗。予選を重視して1―2グリッドを得たところまでは良かった。しかし'01年以来7年ぶりの勝利が欲しい彼らはスタート前からミスをした。タイヤ装着は3分前までと決まっているのに、K・ライコネン用ホイールにトラブルがあって遅れ、ペナルティーが科せられる。これを分かっていたのだろう、心理的に動揺が見て取れたライコネンはスタートでハミルトンにかわされると、その後も2度大きな接触で9位、13戦ぶりの無得点に終わる。1位に立ったF・マッサも16周目に1コーナーでミスして後退、後半はペースが完全に落ちていったが、混戦では特に重要な無線交信システムまでダウンしていたという。

 ミスをリカバーできたかできなかったか、勝者と敗者を分けたのはそこだ。スピードではかなわずともほとんどノーミスで2時間を走りきった数少ない者が2位R・クビサ、4位M・ウェバー、そして7位中嶋である。中嶋は52周目のピットインでチームが左後輪交換に25秒以上もロス、日本人としては夢のモナコ“表彰台”も見えていたのだが……。名門ウイリアムズでカズキが徐々に存在を示し始めた。

関連キーワード
ルイス・ハミルトン
中嶋一貴
マクラーレン
フェラーリ
モナコGP

ページトップ