SCORE CARDBACK NUMBER

藤田和之と小橋健太、2強が抱える重大危機。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2004/10/07 00:00

藤田和之と小橋健太、2強が抱える重大危機。<Number Web> photograph by Essei Hara

 強いチャンピオンというのも善し悪しだ。多団体化が進むプロレス界では今、マッチメーカーが対戦者探しに四苦八苦している。とくに、新日本とノアではそんな現象が著しい。

 IWGPヘビー級王者・藤田和之(33=猪木事務所)とGHCヘビー級王者・小橋建太(37)がまさしくその渦中にいる。

 “野獣”藤田は10・9両国国技館で佐々木健介(38=フリー)との2度目の防衛戦がようやく決まった。7・19札幌・月寒グリーンドームで柴田勝頼(24)をノックアウトして以来、約3カ月ぶりの新日本のリングだ。挑戦に名乗りを上げたG1連覇の天山広吉(33)には見向きもせず、「そろそろ腰を上げる時機だ」という師匠・アントニオ猪木の一声で相手が健介に落ち着いた、というのが経緯だ。

 しかし、あのボブ・サップを撲殺した男と善戦した男では力の差は明らか。健介には悪いが、藤田に軍配が上がりそうな両国決戦だ。

 問題は次の11・13大阪ドームだ。3年ぶりの開催ということもあり、半端なカードは許されない。筆者イチ推しの中西学はG1で軽量級の金本浩二に敗れるほどの不振ぶり。新日本ではこれといった相手が見つからないのが実情なのである。

 “赤い猛牛”天山が、「俺に挑戦させろ!!」と吠えたところで、藤田が興味を示さない限りお手上げ状態。ついには、「ハッスル小川をぶつけてみては……」の声もあがる。

 “剛腕”小橋は7・10東京ドームの秋山準戦を除いて、防衛回数を重ねるたびに、挑戦者が小粒になっている。9・10日本武道館で田上明を破りV10を果たした小橋。11回目の防衛戦の相手はまだ決まっていない(9月22日現在)。有力な外国人選手は192cm、130kgの巨漢、ザ・グラジエーターぐらいだ。

 グラジエーターといえばランニング・アッサム・ボムでFMW、全日本マットを荒らしまくった怪豪。しかし、WCW→WWEで腕を磨いたといっても、昨年1月、全日本・大阪でグレート・ムタ(武藤)の3冠ベルトに挑み敗れて以来、勢いはない。

 ノアのトップである三沢に、「いっそのこと、もう一度、小橋とやってみては?」と直撃すると、「秋山とドームであれだけの試合をやられたら、できないよ……」と苦笑いされてしまった。

関連キーワード
小橋建太

ページトップ