#1027

記事を
ブックマークする

【NBA】8年ぶりのプレイオフ出場を確定。ニックスを再建する2人の存在。

ディフェンス指導の手腕の評価が高いシボドーHC(左)。ランドルはニックスのエースとしてチームを支えている

 ニューヨーク・ニックスが8年ぶりのプレイオフ出場を決めた。プレイオフを逃し続けた7シーズンは、6人のヘッドコーチが次々と入れ替わり、狙った大物フリーエージェントには振られ続けた。フロントの経験がないフィル・ジャクソンを球団社長に据えて迷走した時期もあった。

 そんなニックスが浮上する鍵となったのは、ほかのチームから見放された2人、トム・シボドーHCとジュリアス・ランドルだった。シボドーはシカゴ・ブルズやミネソタ・ティンバーウルブズでチームをプレイオフに導いたものの、2年前にティンバーウルブズを解雇され、オールドスクールで厳格なスタイルは今のリーグには合わないと批判された。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Getty Images

0

0

0

前記事 次記事