#1027
巻頭特集

記事を
ブックマークする

エフフォーリア&横山武史「無敗二冠へ、怖いものなし」~大本命の勝算~

2021/05/20
2頭の三冠馬に比肩する皐月賞の3馬身差はクラシックの景色を混戦から一強へと変えた。手綱を執るのは名手の血を継ぐ22歳の若武者。一気呵成の栄冠へ、人馬の勢いは止まらない。

 今年のダービー戦線は、4戦全勝で皐月賞を制したエフフォーリア(牡、父エピファネイア、美浦・鹿戸雄一厩舎)の「一強」と見られている。史上8頭目となる無敗のクラシック二冠制覇を狙うこの馬の主戦騎手は、デビュー5年目、22歳の若武者・横山武史である。

 デビューした2017年は13勝を挙げるにとどまったが、2年目は35勝、3年目は54勝と着実に勝ち鞍を伸ばした。そして4年目の昨年は94勝をマーク。史上最年少で関東リーディングの座についた。

 そんな横山がエフフォーリアの背に初めて跨ったのは、昨年の8月初め、デビュー前の追い切りのときだった。場所は札幌競馬場の芝コースだった。

 横山に騎乗を依頼した経緯を、同馬を管理する鹿戸雄一調教師はこう話す。

「フットワークの大きい馬なので、1600mでも短いくらいかな、と思っていました。それで、長めの新馬戦がある札幌でデビューさせることにしました。ジョッキーを誰にするかもオーナーサイドと相談し、なるべく調教にも乗ってくれる騎手がよかったので、武史に頼むことにしました。彼はときどきうちの厩舎の調教を手伝ってくれていましたし、ちょうど、彼が活躍しはじめた時期でもありましたしね」

「重賞は間違いなく勝てる馬だな」

 そのファーストコンタクトで、横山はどう感じたのだろうか。

「乗る前に馬体を見たとき、すごくいい体をしているな、と思いました。乗ったらどんな感触なのだろう、と。実際、調教で騎乗して、重賞は間違いなく勝てる馬だな、と思いました」

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Keiji Ishikawa

0

0

0

次記事