記事に戻る

「去年の僕は木の根っこがない状態でした」上茶谷大河25歳が振り返る“プロ生活”…なぜ4年目で“怪我リスクの高いフォーム”に戻すのか?

4月16日のヤクルト戦(横浜)で自身初となるマダックスを達成したDeNAの上茶谷大河投手。プロ4年目の25歳はどんな思いで“勝負の1年”を迎えたのか / photograph by KYODO 自身初のマダックスを達成し、捕手の山本と抱き合う上茶谷 ©️KYODO 春季キャンプからシュートの習得に取り組んできた ©️Nanae Suzuki 新たな武器「シュート」に加えて、“原点回帰”をテーマにプロ1年目のフォーム(ダブルプレーン)へ戻したという ©️KYODO 三浦大輔(横浜DeNA×ヤクルト、2016年の引退試合より)©️Naoya Sanuki

4月16日のヤクルト戦(横浜)で自身初となるマダックスを達成したDeNAの上茶谷大河投手。プロ4年目の25歳はどんな思いで“勝負の1年”を迎えたのか(photograph by KYODO)

4月16日のヤクルト戦(横浜)で自身初となるマダックスを達成したDeNAの上茶谷大河投手。プロ4年目の25歳はどんな思いで“勝負の1年”を迎えたのか / photograph by KYODO 自身初のマダックスを達成し、捕手の山本と抱き合う上茶谷 ©️KYODO 春季キャンプからシュートの習得に取り組んできた ©️Nanae Suzuki 新たな武器「シュート」に加えて、“原点回帰”をテーマにプロ1年目のフォーム(ダブルプレーン)へ戻したという ©️KYODO 三浦大輔(横浜DeNA×ヤクルト、2016年の引退試合より)©️Naoya Sanuki

ページトップ