記事に戻る

《真相》巨人・松井秀喜の背番号が一茂の「36」ではなく「55」になったワケ…長嶋監督は「何番でもいいですよ」<身長2mの19歳秋広が継承>

1992年12月25日、入団発表での松井秀喜や長嶋監督 / photograph by JIJI PRESS ©Sports Graphic Number 星稜高校時代の松井 ©Sports Graphic Number 巨人では背番号「36」をつけた長嶋一茂 ©Sports Graphic Number 広末涼子をエスコートする松井 ©Bungeishunju 長嶋茂雄さんとの対談 ©Sports Graphic Number 星稜高校の同級生と旅館で卓球 ©Bungeishunju ©Bungeishunju ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number オールスターで伊良部秀輝と対決 ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Bungeishunju ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number 星稜高校で1993年1月撮影 ©Sankei Shimbun

1992年12月25日、入団発表での松井秀喜や長嶋監督(photograph by JIJI PRESS)

1992年12月25日、入団発表での松井秀喜や長嶋監督 / photograph by JIJI PRESS ©Sports Graphic Number 星稜高校時代の松井 ©Sports Graphic Number 巨人では背番号「36」をつけた長嶋一茂 ©Sports Graphic Number 広末涼子をエスコートする松井 ©Bungeishunju 長嶋茂雄さんとの対談 ©Sports Graphic Number 星稜高校の同級生と旅館で卓球 ©Bungeishunju ©Bungeishunju ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number オールスターで伊良部秀輝と対決 ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Bungeishunju ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number 星稜高校で1993年1月撮影 ©Sankei Shimbun

ページトップ