記事に戻る

「今年は特にレベルが高かった」春高バレーで『ハイキュー!!』世代の高校生が見せた2つの“アップデート”と“大人たちの課題”とは?

初出場の日南振徳高校でエースを務めた甲斐優斗。2mの高さを武器に、巧みにスパイクを打ち分けた / photograph by AFLO SPORT 『ハイキュー!!』1巻より 210cmの高さを誇る牧は、大会前に日本代表合宿にも参加 ©︎AFLO SPORT 連覇を達成した就実の姉・深澤めぐみ、妹・つぐみ(共に3年、右から)。めぐみは2年連続で最優秀選手に選出された ©︎Naoki Nishimura/AFLO SPORT 畑野監督(右)の指示を聞く鎮西の選手たち。厳しい日程を乗り越えて決勝まで勝ち進んだが、日本航空に敗れて準優勝に終わった ©︎AFLO SPORT

210cmの高さを誇る牧は、大会前に日本代表合宿にも参加 ©︎AFLO SPORT

初出場の日南振徳高校でエースを務めた甲斐優斗。2mの高さを武器に、巧みにスパイクを打ち分けた / photograph by AFLO SPORT 『ハイキュー!!』1巻より 210cmの高さを誇る牧は、大会前に日本代表合宿にも参加 ©︎AFLO SPORT 連覇を達成した就実の姉・深澤めぐみ、妹・つぐみ(共に3年、右から)。めぐみは2年連続で最優秀選手に選出された ©︎Naoki Nishimura/AFLO SPORT 畑野監督(右)の指示を聞く鎮西の選手たち。厳しい日程を乗り越えて決勝まで勝ち進んだが、日本航空に敗れて準優勝に終わった ©︎AFLO SPORT

ページトップ