記事に戻る

若手台頭も最下位DeNA、貧打の中日、鈴木誠也が抜けるカープ…打開策はどこに?《成績で振り返る勝因敗因/セBクラス》

(左から)DeNA三浦監督、中日の立浪新監督、広島の佐々岡監督は懸念を振り払えるか / photograph by Sports Graphic Number/Kyodo News ラミレス監督時代にDeNAは3回ポストシーズンに進んだ ©Nanae Suzuki 牧や宮崎らの野手陣に、投手陣も整備が進みつつある中で最下位からの逆襲なるか ©Hideki Sugiyama 大野雄大をリードする木下拓哉は、火力不足の打線で気を吐いた ©Nanae Suzuki 秋季練習で根尾に指導する立浪監督 ©Kyodo News 最多勝に輝いた九里 ©Hideki Sugiyama 絶対的な存在だった鈴木誠也の穴を、佐々岡監督はどのようにして埋めるのか ©Hideki Sugiyama

最多勝に輝いた九里 ©Hideki Sugiyama

(左から)DeNA三浦監督、中日の立浪新監督、広島の佐々岡監督は懸念を振り払えるか / photograph by Sports Graphic Number/Kyodo News ラミレス監督時代にDeNAは3回ポストシーズンに進んだ ©Nanae Suzuki 牧や宮崎らの野手陣に、投手陣も整備が進みつつある中で最下位からの逆襲なるか ©Hideki Sugiyama 大野雄大をリードする木下拓哉は、火力不足の打線で気を吐いた ©Nanae Suzuki 秋季練習で根尾に指導する立浪監督 ©Kyodo News 最多勝に輝いた九里 ©Hideki Sugiyama 絶対的な存在だった鈴木誠也の穴を、佐々岡監督はどのようにして埋めるのか ©Hideki Sugiyama

ページトップ