記事に戻る

「パ・リーグの四番にあんな失礼なボールを…」野村克也がボヤいた清原和博への“失投”【伝説の1993年日本シリーズ】

ヤクルトが王手をかけて迎えた1993年の日本シリーズ第5戦。2回表、西武の清原和博は先制ホームランをバックスクリーン左に叩き込んだ / photograph by Sankei Shimbun 1993年の工藤公康の成績は15勝3敗、防御率2.06。最高勝率と最優秀防御率のタイトルを獲得した ©BUNGEISHUNJU 日本シリーズ初戦で右腕にデッドボールを受け、悶絶する石毛宏典 ©BUNGEISHUNJU 清原和博は前年の第2戦でも「憧れのヒーロー」こと荒木大輔から一発を放っている(写真)。日本シリーズ通算15本は歴代3位タイ ©BUNGEISHUNJU ヤクルト監督時代、神宮球場のベンチの“定位置”で戦況を見つめる野村克也 ©BUNGEISHUNJU 古田敦也はシリーズ初戦(写真)で2安打を放ったものの、その後は当たりが止まっていた ©BUNGEISHUNJU 敬遠ではなく勝負を選ばれた伊東勤の心中は穏やかではなかった ©BUNGEISHUNJU 詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間(インプレス) ※書影をクリックするとAmazonのリンクにジャンプします 1993年の清原和博。打率.268、25本、75打点と例年よりもやや成績を落としたが、大舞台での勝負強さは健在だった ©BUNGEISHUNJU 若手時代の清原和博 ©BUNGEISHUNJU 若々しいポートレート ©BUNGEISHUNJU その表情には「番長」の片鱗も ©BUNGEISHUNJU 清原は93年の日本シリーズ第7戦でも2ランを放った ©BUNGEISHUNJU 82年のデビューから03年の引退まで西武一筋を貫いた伊東勤。扇の要として常勝軍団を支えた ©BUNGEISHUNJU 1991年、日本シリーズ優勝を決めて伊東と抱き合う工藤公康 ©BUNGEISHUNJU 正捕手の伊東と話し込む森祇晶 ©BUNGEISHUNJU 工藤と伊東の黄金バッテリー ©BUNGEISHUNJU さわやかな笑顔を見せる秋山幸二 ©BUNGEISHUNJU 西武の黄金期を支えた石毛宏典と辻発彦 ©BUNGEISHUNJU 石毛宏典と森祇晶 ©BUNGEISHUNJU 西武の現監督を務める辻発彦の現役時代 ©BUNGEISHUNJU 潮崎哲也のシンカーは「魔球」と称された ©BUNGEISHUNJU

1993年の工藤公康の成績は15勝3敗、防御率2.06。最高勝率と最優秀防御率のタイトルを獲得した ©BUNGEISHUNJU

ヤクルトが王手をかけて迎えた1993年の日本シリーズ第5戦。2回表、西武の清原和博は先制ホームランをバックスクリーン左に叩き込んだ / photograph by Sankei Shimbun 1993年の工藤公康の成績は15勝3敗、防御率2.06。最高勝率と最優秀防御率のタイトルを獲得した ©BUNGEISHUNJU 日本シリーズ初戦で右腕にデッドボールを受け、悶絶する石毛宏典 ©BUNGEISHUNJU 清原和博は前年の第2戦でも「憧れのヒーロー」こと荒木大輔から一発を放っている(写真)。日本シリーズ通算15本は歴代3位タイ ©BUNGEISHUNJU ヤクルト監督時代、神宮球場のベンチの“定位置”で戦況を見つめる野村克也 ©BUNGEISHUNJU 古田敦也はシリーズ初戦(写真)で2安打を放ったものの、その後は当たりが止まっていた ©BUNGEISHUNJU 敬遠ではなく勝負を選ばれた伊東勤の心中は穏やかではなかった ©BUNGEISHUNJU 詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間(インプレス) ※書影をクリックするとAmazonのリンクにジャンプします 1993年の清原和博。打率.268、25本、75打点と例年よりもやや成績を落としたが、大舞台での勝負強さは健在だった ©BUNGEISHUNJU 若手時代の清原和博 ©BUNGEISHUNJU 若々しいポートレート ©BUNGEISHUNJU その表情には「番長」の片鱗も ©BUNGEISHUNJU 清原は93年の日本シリーズ第7戦でも2ランを放った ©BUNGEISHUNJU 82年のデビューから03年の引退まで西武一筋を貫いた伊東勤。扇の要として常勝軍団を支えた ©BUNGEISHUNJU 1991年、日本シリーズ優勝を決めて伊東と抱き合う工藤公康 ©BUNGEISHUNJU 正捕手の伊東と話し込む森祇晶 ©BUNGEISHUNJU 工藤と伊東の黄金バッテリー ©BUNGEISHUNJU さわやかな笑顔を見せる秋山幸二 ©BUNGEISHUNJU 西武の黄金期を支えた石毛宏典と辻発彦 ©BUNGEISHUNJU 石毛宏典と森祇晶 ©BUNGEISHUNJU 西武の現監督を務める辻発彦の現役時代 ©BUNGEISHUNJU 潮崎哲也のシンカーは「魔球」と称された ©BUNGEISHUNJU

ページトップ