記事に戻る

<全米OP>史上9度目22年ぶりの“10代対決”も「世界ランク70位以下」…なぜ女子の若手選手は活躍しづらくなったのか?

22年ぶりの10代決勝で勝利し、全米OPを制したのは18歳のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)だった / photograph by Hiromasa Mano 全米OP決勝戦のコートに立った、レイラ・フェルナンデス(カナダ)とエマ・ラドゥカヌ(イギリス) ©Mano Hiromasa 世界ランク150位で予選から勝ち上がってきたラドゥカヌ。さらに驚かされるのは、優勝まで1セットも落とさなかったことだ ©Getty Images 1988年の全仏オープン、ズべレワとの“10代対決”を制して優勝したグラフ ©Makoto Kenmizaki 笑顔はじける18歳の新女王、ラドゥカヌ ©Mano Hiromasa スニーカーに黒ドレス姿で登場した18歳、ラドゥカヌ ©︎Getty Images トロフィーを抱きしめるラドゥカヌ ©︎Getty Images

全米OP決勝戦のコートに立った、レイラ・フェルナンデス(カナダ)とエマ・ラドゥカヌ(イギリス) ©Mano Hiromasa

22年ぶりの10代決勝で勝利し、全米OPを制したのは18歳のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)だった / photograph by Hiromasa Mano 全米OP決勝戦のコートに立った、レイラ・フェルナンデス(カナダ)とエマ・ラドゥカヌ(イギリス) ©Mano Hiromasa 世界ランク150位で予選から勝ち上がってきたラドゥカヌ。さらに驚かされるのは、優勝まで1セットも落とさなかったことだ ©Getty Images 1988年の全仏オープン、ズべレワとの“10代対決”を制して優勝したグラフ ©Makoto Kenmizaki 笑顔はじける18歳の新女王、ラドゥカヌ ©Mano Hiromasa スニーカーに黒ドレス姿で登場した18歳、ラドゥカヌ ©︎Getty Images トロフィーを抱きしめるラドゥカヌ ©︎Getty Images

ページトップ