記事に戻る

「羽生善治先生は負けたときも次の日の朝には…」 タイトル戦“定番ホテル”視点で見た数々の名棋士伝説

対局場となる離れ「九重」の内部。常盤ホテルは何度も名局の舞台となってきた / photograph by Atsushi Hashimoto 2018年度の王座戦第5局(斎藤慎太郎八段と中村太地七段)(c)Kyodo News 「九重」を外観から望む ホテル内には藤井聡太二冠の「飛翔」の揮毫が 名棋士の色紙がずらりと並ぶ 常盤ホテルは将棋界発展のためになくてはならない存在だ (c)Atsushi Hashimoto (c)Atsushi Hashimoto (c)Atsushi Hashimoto (c)Atsushi Hashimoto

常盤ホテルは将棋界発展のためになくてはならない存在だ

対局場となる離れ「九重」の内部。常盤ホテルは何度も名局の舞台となってきた / photograph by Atsushi Hashimoto 2018年度の王座戦第5局(斎藤慎太郎八段と中村太地七段)(c)Kyodo News 「九重」を外観から望む ホテル内には藤井聡太二冠の「飛翔」の揮毫が 名棋士の色紙がずらりと並ぶ 常盤ホテルは将棋界発展のためになくてはならない存在だ (c)Atsushi Hashimoto (c)Atsushi Hashimoto (c)Atsushi Hashimoto (c)Atsushi Hashimoto

ページトップ