記事に戻る

育成の日本ハムのはずが…ドラフト上位組“伸び悩み” 清宮幸太郎&吉田輝星は覚醒なるか【記録で振り返り】

打率1割台で終わった清宮幸太郎。残留濃厚となった西川遥輝らとともにチームを引っ張る存在になりたい / photograph by Kyodo News 2011シーズン、ファンと喜びを共にするダルビッシュ©Hideki Sugiyama 長年にわたって主軸を張る中田翔の“打点食い”っぷりはすさまじい(c)Hideki Sugiyama 大谷翔平の“二刀流”成功は日本ハム育成の成功の象徴だ(c)Hideki Sugiyama 吉田輝星は高卒3年目の急成長を果たせるか(c)JIJI PRESS

吉田輝星は高卒3年目の急成長を果たせるか(c)JIJI PRESS

打率1割台で終わった清宮幸太郎。残留濃厚となった西川遥輝らとともにチームを引っ張る存在になりたい / photograph by Kyodo News 2011シーズン、ファンと喜びを共にするダルビッシュ©Hideki Sugiyama 長年にわたって主軸を張る中田翔の“打点食い”っぷりはすさまじい(c)Hideki Sugiyama 大谷翔平の“二刀流”成功は日本ハム育成の成功の象徴だ(c)Hideki Sugiyama 吉田輝星は高卒3年目の急成長を果たせるか(c)JIJI PRESS

ページトップ