SCORE CARDBACK NUMBER

地上最強の男ヒョードルが
連敗を喫した真の理由。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/02/25 06:00

地上最強の男ヒョードルが連敗を喫した真の理由。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

顔面にパンチを受け続け、ヒョードル(下)の右目は大きく腫れ上がってしまっていた

 氷の皇帝時代の終焉――。2月12日(現地時間)、アメリカ・ニュージャージー州で行なわれたストライクフォース・ワールドGPヘビー級トーナメント準々決勝。優勝候補だったエメリヤーエンコ・ヒョードルが“伏兵”アントニオ・シウバに2R終了時TKO負けを喫した。昨年6月のファブリシオ・ヴェウドゥム戦での一本負けに続いての初の連敗だ。試合後、ヒョードルは引退を示唆した。

「おそらくこれが最後。潮時だと思う」

 ヒョードルの敗因として体格差をあげる関係者は多い。前日計量時、両者の体重差は約16kgだったが、シウバは決戦までに10kg以上増量したという話もある。実際ケージの中で対峙した両者の体格差は歴然としており、30kg近い体重差があっても不思議ではなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

エメリヤーエンコ・ヒョードル
アントニオ・シウバ

格闘技の前後のコラム

ページトップ