Number ExBACK NUMBER

人生100歳時代のスポーツとは?
高橋秀実『一生勝負』の凄い人達。 

text by

藤森三奈(Number編集部)

藤森三奈(Number編集部)Mina Fujimori

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/04/30 15:00

人生100歳時代のスポーツとは?高橋秀実『一生勝負』の凄い人達。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

83歳にして毎日練習に励む増田ワカさん(右)と高木富子さん。

「生きているということは常に勝負していくこと」

――『一生勝負』という書名のきっかけになった、卓球の高木富子さん(83)のお話は、ハッとさせられるものがありましたね。

「高木さんの『何事も勝つか負けるか』という言葉には、はっきり言ってひるみました。人生は勝ち負けじゃない、できれば引き分けで、と思って生きてきたものですから。

 ラケットもウエア選びも、何から何まで勝負。結婚も子育ても勝負。考えてみると、勝ち負けにこだわったほうが人生はハッキリすると思いました。どちらでもいい、と考えているとどこかモヤッとする。すべて勝負だと思ったほうが、メリハリもつくし気持ちは晴れるんじゃないかと。だから元気なんですよね、高木さんも。

 勝ち負けには連続性があって、勝って終わり、負けて終わりではない、次があるわけです。どんな競技も勝負がつきもので、それがなかったらゲームでなくなる。プレイヤーは勝つために動く。それが本質なわけで、その只中にいるというのが現役であるということ。
 この人たちは現役なんだと思いました。仕事もそうですよね。勝負しているかどうか。生きているということは常に勝負していくことなんです。私なんか勝負を避けてきたんで、これからは少し勝負していきたいと思いました」

――この一冊を通じて何を感じてもらいたいですか。

「この本の目次は、二十四節気に合わせて、二十四組の方々を順に紹介しています。二十四節気と一緒で、人生は巡っていく。今日負けても明日勝つというつもりで日々を過ごしましょうということですね」

*年齢は取材当時

 70歳はまだまだヒヨッ子!? Over70歳の人たちのリアルなスポーツライフが覗ける『一生勝負 マスターズ・オブ・ライフ』(高橋秀実・著)は絶賛発売中です! 健康のため、人生の楽しみのため、仲間をもっと増やすため、自分の人生を再確認するため……さまざな理由でスポーツを続ける超ベテラン・アスリートの生き方を、是非確認してみて下さい!
『一生勝負 マスターズ・オブ・ライフ』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『一生勝負 マスターズ・オブ・ライフ』

70歳以上のいまだ現役アスリート24組を1年がかりで取材。下は71歳の体操選手から上は89歳の棒高跳びの選手まで。自身の事情だけでなく伴侶をはじめとする家族の事情で、ここまで長く競技生活を続けるのは非常に困難なこと。それらをどう乗り越え、今でもはつらつと競技に打ち込んでいるのかを掘り下げる――。

<本体1,500円+税/髙橋秀実・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2 3
高橋秀実
藤岡裕子
山田孝
高木富子

他競技の前後の記事

ページトップ