オリンピックへの道BACK NUMBER

MGCを制するのは速さか、強さか。
東京五輪を狙う実力者たちが集結。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/09/08 11:30

MGCを制するのは速さか、強さか。東京五輪を狙う実力者たちが集結。<Number Web> photograph by AFLO

初代「山の神」今井正人(一番左)や三代目「山の神」神野大地(一番右)など箱根駅伝のヒーローも出場。

ペースメーカーの不在。

 ただ、マラソンの順位は速さだけにとどまらず、持ちタイムだけで決まるものでもない。ゴールまでの道中にさまざまな駆け引きがあり、思わぬ展開が待ち受けているからだ。

 そういう意味で浮上してくるのが井上大仁だ。2017年の世界選手権こそ、日本3選手の中で最下位に終わったが、その後着実にステップを踏んできた。昨夏、湿度と気温が高いジャカルタでのアジア大会では、最後の最後までもつれる中、優勝を果たしている。「勝負強い」と言われるゆえんである。

 服部勇馬もまた、「強い」と評される選手の1人。昨年12月の福岡国際マラソンで優勝している。

 そんな選手たちが集結する大一番で見逃せないのが、ペースメーカーの影響だ。

 多くのマラソンでは、一定のペースでレースを引っ張るペースメーカーが存在するが、MGCではいない。その分、選手同士が駆け引きしつつ、どうペースを作り走るのか、それが勝敗を左右する。

 ましてや、互いの手の内を知る選手たち同士の対決だ。レースの組み立ても相当に考えているだろう。臨機応変に対応する力があるかどうかも、問われる。

気候やコースへの対応力。

 また、当日の気候も勝負を分ける重要な要素となる。

 9月になり、やや気温が落ち着く日と残暑の厳しい日がある。どの選手も暑さ対策を立ててきたとはいえ、選手によって強弱はある。

 コースそのものもまた、レースに響いてくる。スタートとゴールこそ新国立競技場が完成していないため異なるが、東京五輪と、ほぼ等しいコースを走る今回、37km付近からは、上り坂が続いていくことになる。ここまで長い距離を走って消耗した上でのことだから、そこでどのような走りができるのかもまた、レースにかかわってくる。

 速さか、強さか。あるいはその双方をあんばいよく兼ね備えた選手か。

 国内上位の選手たちが一堂に会するMGCは、どのような結果に終わるのか、

 戦いの火蓋は15日の午前8時50分に切られる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大迫傑
設楽悠太
井上大仁
服部勇馬
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ