猛牛のささやきBACK NUMBER

オリックスの新切り込み隊長!
走攻守3拍子そろう西浦颯大の熱さ。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/19 07:00

オリックスの新切り込み隊長!走攻守3拍子そろう西浦颯大の熱さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

4月16日の日本ハム戦ではプロ入り初の猛打賞をマークした西浦颯大。

武器は俊足を活かした守備。

 ただ打撃、走塁以上に、西浦が自信を持っているのが守備だ。50m5秒8の俊足を活かした守備範囲の広さが売りで、今年はセンターに固定されている。

 開幕7戦目の東北楽天戦で、チームがようやく今季初勝利を挙げた時、西浦は安堵とともに悔しさも噛みしめていた。

 脳裏には5回表の守備があった。楽天・銀次が放った左中間の当たりに、西浦は俊足を飛ばして追いついたかに見えたが、打球は差し出したグラブの下をすり抜け、二塁打となった。

「普通に捕れた打球でした。余裕で間に合っていたんですけど、(グラブを)上からかぶせていったら、(打球が)横にドライブした。捕れるところまでは来たって、ちょっと安心してしまったのかもしれない。ダメですね。あれじゃゴールデングラブ獲れない」

 今年初めて一軍に定着しようとしている19歳は、本気でゴールデングラブ賞を狙っている。

 その日の後悔を取り返すかのように、翌日の試合では、6回表に豪快なバックホームで走者を刺してチームを救い、 “レーザービーム”と大きく取り上げられた。

 今年からキャプテンを任されている福田もそうだが、西浦も“熱さ”が言葉や行動からわかりやすく伝わってくる。

 オリックスはどちらかというと内に秘める選手が多い中、ガツガツしている1、2番は貴重で、必要な存在だ。西浦がこのまま迷いなく走り続ければ、チームに火がつく時はくるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西浦颯大
福田周平
吉田正尚
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ