猛牛のささやきBACK NUMBER

オリックスの新切り込み隊長!
走攻守3拍子そろう西浦颯大の熱さ。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/19 07:00

オリックスの新切り込み隊長!走攻守3拍子そろう西浦颯大の熱さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

4月16日の日本ハム戦ではプロ入り初の猛打賞をマークした西浦颯大。

名門・明徳出身、甲子園では満塁弾も。

 明徳義塾高校から、2017年のドラフト6位で入団した西浦は、高校2年の夏の甲子園、嘉手納高校戦で放った満塁本塁打が、プロ入りへの転機になったと振り返る。

「あれがなかったらたぶん、プロに指名されていなかったと思う。目立たなかったんで」

 その本塁打を機に、プロのスカウトが見にきてくれるようになったという。

 高校では通算29本塁打を記録した。しかしプロに入って、「ホームランはあきらめようと思いました」。

 西浦にそう思わせたのは、チームメイトの杉本裕太郎だった。漫画「北斗の拳」の登場人物を崇拝しているため「ラオウ」と呼ばれている杉本は、まだ一軍定着はできていないが、これまで放った7安打のうち5本が本塁打(そのうち2本は満塁弾)というある意味、化け物だ。バットの芯でボールを捉えた時の飛距離はとてつもない。

「初めてラオウさんを見たとき、引きましたよ。もう自分は(本塁打は)いいやって(苦笑)」

目指すは西武・秋山の出塁率。

 今、西浦が目指しているのは埼玉西武の秋山翔吾のような打者だという。

「今年、秋山さんは打率が2割5分くらいなんですけど、出塁率が4割ぐらいある。フォアボールが多いんです。そういうバッターになりたいですね」

 今年は、打席での始動を速くし、ゆったりとボールを見ることができるようになったことで、キャンプから結果を出し続けて開幕スタメンをつかんだ。しかし「ボール球を振ってしまったりして、フォアボールを取れるところで取れていないので、もっとそこを増やしていかないと」と課題を挙げる。

【次ページ】 武器は俊足を活かした守備。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西浦颯大
福田周平
吉田正尚
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ