JリーグPRESSBACK NUMBER

遠藤保仁、J1通算600試合達成へ。
親友たちだけが知るヤットの凄さ。 

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/11/09 08:00

遠藤保仁、J1通算600試合達成へ。親友たちだけが知るヤットの凄さ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

遠藤保仁、デビュー戦の横浜ダービー。中村俊輔とボールを競り合う場面も。

印象深い横浜Fでの初陣。

 過去を語るのを嫌う背番号7が、コツコツとそして着実に積み上げてきたこれまでの599試合の中で、未だに一番印象に残っていると振り返るのが、横浜フリューゲルスでのデビュー戦だ。

「いつかフリューゲルス時代の大先輩に追いつければいいし、フリューゲルス出身で今もプロでやっているのは僕と(楢崎)正剛さんぐらい。その二人で1位と2位を占めるのは嬉しい」

 原点を忘れない男の、偽らざる喜びである。

 やっと(ヤット)600、まだまだ600――。これからも、クールに、そして時に熱く、ヤットはJリーグのピッチを駆ける。

関連コラム

言わせろ!ナンバー あなたのご意見を聞かせてください!

川口能活引退、あなたにとっての一番の思い出は?
BACK 1 2 3 4
遠藤保仁
ガンバ大阪
山口智
中澤聡太
今野泰幸
西野朗
鹿児島実業高校

Jリーグの前後のコラム

ページトップ