Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

目指すのは「日本一、影響力あるランナー」。
元青学大・下田裕太の目指す先。 

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/06/04 11:00

目指すのは「日本一、影響力あるランナー」。元青学大・下田裕太の目指す先。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

陸上界の発展にという思いを抱き、青学大卒業後、まずは今季8月の北海道マラソンにチャレンジしてMGCの権利獲得を狙っている。

「評価されるの、好きなんですよ(笑)」

 陸上界を、もっと魅力的なフィールドにしたい――。

 下田の言葉からは、恩師の原監督にも通じる、確かな想いがしっかりと伝わってくる。これからスポーツを始める人たちに、他の競技を含めた中で、どうやって陸上競技を選んでもらうのか。それこそが下田が走るモチベーションそのものになっているように思う。

 インタビューの最後に、1つ聞いてみる。

 ファンに一番見てほしいのはどこですか?

 そう尋ねると、下田はハッキリとこう応えてくれた。

「もちろん走っている所は見て欲しいですけど、自分がウリにするのはやっぱりキャラクター。まずは下田裕太という人間を知ってもらいたいと思いますね。評価されるの、好きなんですよ(笑)。良い評価でも悪い評価でも良いんですけど、まずは見てもらわないと。僕は、自分のためには頑張れないタイプ。自分がオリンピックに出たいとか、自分の記録や限界に挑戦するとかで頑張れるタイプじゃないんです」

 裏を返せば、周囲が下田に期待し続ける限り、どこまでも走り続けるということでもある。“型破り”な青学カラーの体現者は、その道をどう歩んでいくのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3

ページトップ