球道雑記BACK NUMBER

ロッテ戦力外から社会人野球名門へ。
金森敬之に沁みた武田久と家族の愛。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/12/18 07:30

ロッテ戦力外から社会人野球名門へ。金森敬之に沁みた武田久と家族の愛。<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ8年間で通算6勝3敗3ホールド。金森にとってトライアウトは、リスタートのきっかけとなるのだろう。

目をかけてくれた金子誠も「幸せちゃうか?」

 パナソニックには梶原監督以外にも横浜ベイスターズを戦力外になり、その後、パナソニックに入団した田中充(現コーチ)もいた。そこに自分の将来像を重ね合わせた。

 家族も一緒に付いていくと応援してくれた。

「来月から大阪に戻ります。都市対抗を目指してボロボロになるまで頑張ってきます!」

 社会人野球で第2の人生を生きていく。覚悟を決めたその言葉は希望に満ち溢れていた。

 北海道、愛媛、千葉、そして再び大阪。

 様々な土地で様々な野球に触れあって来た彼だからこそ、後進に伝えられるものもある。

 それは大阪に連れていくことになった2人の息子にとってもそうだろう。そんな金森に、若手時代から目をかけていた金子誠からこんな言葉を受け取った。

「現役で続けられ、求められて行けるのが幸せちゃうか?」

 金森は東海大菅生高に入学する際、15歳で単身大阪から上京した。そして今は妻と子供、14年間のプロ生活で築き上げてきた数多くの仲間がいる。

 それを自分の力に変えて、次の目標に向けて力強い一歩を踏み出す。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金森敬之
武田久
金子誠
實松一成
北海度日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ