濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

WWEで初凱旋のヒデオ・イタミ。
無効試合に感じた苦悩と試行錯誤。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2017/07/07 17:00

WWEで初凱旋のヒデオ・イタミ。無効試合に感じた苦悩と試行錯誤。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

度重なる負傷で活躍が遅れていたが、完全復活を果たしたヒデオ・イタミ。

レインズもザ・ロックも「オレだってそうだった」。

 両者が口を揃えたのは、WWEという巨大組織での「役割」についてだ。

「女子全体のレベルを高めたい。それが私の役割」というASUKAは「役割を果たすためには、私自身に価値がなければいけない」と言う。

 ノアではジュニアヘビー級で一時代を築いたヒデオは、WWEクルーザー級部門への転身について聞かれると「そこで必要とされるなら、それも選択肢。必要とされるところでベストを尽くすのが一番大事です」と答えている。

「約束されている場所はない。必要とされなくなったら終わりですから。自分の場所は自分で見つけないと」

 まずは巨大組織の中で生き抜いていかなければならない。みんながそのために闘っている。

 日本大会でメインイベントを務めたロマン・レインズも、ジョン・シナら看板選手も、あるいはザ・ロックのようなレジェンドも「オレだってそうだった」と言うのではないか。

 ド派手で、バカバカしいまでにスケールが大きい“スポーツ・エンターテインメント”を体現するためには、苦悩と悔しさと試行錯誤を乗り越えなくてはいけない。

 ヒデオの無効試合とインタビューから、例年以上の“深み”を感じるWWE日本大会だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
WWE
クリス・ジェリコ
フィン・ベイラー
ヒデオ・イタミ
ASUKA
戸澤陽
KENTA

プロレスの前後の記事

ページトップ