濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“普通の試合”で特大インパクト!
K-1・武尊が示したスターの証。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakao Masaki

posted2017/06/22 11:00

“普通の試合”で特大インパクト!K-1・武尊が示したスターの証。<Number Web> photograph by Takao Masaki

現在保持している「K-1 WORLD GPフェザー級王座」の初防衛戦が待たれる武尊。

武尊の試合は、順当勝ちが“大逆転”に見える。

「さすが武尊」

「これぞエース」

 多くのファンがそう思ったのではないか。

 武尊は4月の試合でも、同じように初参戦の外国人と闘い、ローブローで大ダメージを負いながらKO勝ちしている。今回もそうだが、冷静に考えれば順当勝ちなのに、イメージとしては“大逆転”なのだ。

 もちろん、そうなったのは「僕にとってK-1のKはKOのK」と言うほどのプロ意識と、それを現実のものにできる力量があればこそ。ただ、相手の体重オーバーや反則に怒るだけでなく「おいしい」と感じられる感性も大きいのではないか。

あらゆるアクシデントを「持ってる」に変える男。

 スーパースターになる。

 SPなしでは道を歩けないくらいの有名人になる。

 数年前、武尊はそう決めて上京してきた。それが単なる夢ではなくなりつつある今でも“なりたい自分”、理想のファイター像を常に思い描いているのだろう。それが咄嗟の場面、つまり試合ぶりやコメントにも出る。

 ローブローも体重オーバーもゴング後の攻撃も、そう珍しいアクシデントではない。

 武尊が「持ってる」のは、劇的なことに出くわす運ではなく、なんでもないことを劇的に変えてしまう力なのだ。

 それができる人間のことを、きっと“スター”と呼ぶのだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
チンギス・アラゾフ
アーネスト・ホースト
ピーター・アーツ
ブバイサ・パスハエフ
武尊
宮田充

格闘技の前後の記事

ページトップ