F1ピットストップBACK NUMBER

F1日本GPでの見どころ一挙紹介!
メルセデス頂上対決とホンダの正念場。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/10/06 11:00

F1日本GPでの見どころ一挙紹介!メルセデス頂上対決とホンダの正念場。<Number Web> photograph by Getty Images

前戦マレーシアGPでの予選風景。左からロズベルグ、ハミルトン、フェルスタッペン。2年前の鈴鹿では、ハミルトンが優勝、ロズベルグが2位だった。

アロンソ、バトン、ホンダにとっての聖地。

 鈴鹿が特別なのは、ホンダのパワーユニットを奏でる2人のドライバーも十分認識している。

「鈴鹿はドライバーにとって特別な場所だが、ホンダのパワーユニットで走る僕とジェンソンにとっては、さらに特別なサーキットだ。愛する日本のファン、一緒に仕事をしているホンダのスタッフのためにも、全力で臨みたい」とフェルナンド・アロンソが熱く意気込みを語れば、チームメートのジェンソン・バトンも次のように抱負を述べる。

「今年は東京やさくら(栃木にあるホンダの研究所)へ行って、ホンダのスタッフやファンと会ってから鈴鹿へ向かう。期待しているみんなのために、昨年よりも良い成績をプレゼントしたい」

 もちろん、ホンダのF1プロジェクトを指揮する長谷川祐介総責任者の思いは、さらに強い。

「鈴鹿はホンダにとってだけなく、個人的に私にとっても非常に特別な場所。鈴鹿には素晴らしい思い出がたくさんあり、モータースポーツを理解し、熱心に応援してくれる多くのファンがいる。そんな皆さんにトップ3チームに続く戦いを披露したい」

 鈴鹿の名に恥じない誇りを感じるレースを期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
セバスチャン・ベッテル
ダニエル・リカルド
マックス・フェルスタッペン
キミ・ライコネン

F1の前後のコラム

ページトップ