ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

「内山高志なき夜」W世界戦の主役。
“つよかわいい”田口良一に貫録が。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/01 17:00

「内山高志なき夜」W世界戦の主役。“つよかわいい”田口良一に貫録が。<Number Web> photograph by AFLO

“つよかわいい”と称される田口(右)だが、宮崎との戦いでは闘争本能をむき出しにする場面も。

4度目の防衛成功は、これまで以上に大きな自信に。

 会場に詰めかけたファン、テレビの前のファンは今回の試合をどのように感じただろうか。田口には“ノックアウトダイナマイト”の異名を持つ内山のような迫力はないし、“激闘王”とも呼ばれる八重樫のようなド派手な打ち合いも今回の試合では見られなかった。試合会場にやや空席が見られたのも事実だ。それでも手数が多く、きびきびとした軽量級らしい試合に、好感を得たファンも多かったのではないだろうか。

 試合後、田口は「内山さんがいない戦いで、正直なところプレッシャーもあった」と打ち明けた。初めての内山抜き、初めてのメインイベント、初めての元世界王者チャレンジャー、そして挑戦者から試合前に挑発を受けるのも初めてだった。初めてづくしのタイトルマッチ、内山がいないという危機感が、目立つことのなかったチャンピオンをワンランク成長させたと思う。4度目の防衛成功は、これまで以上に大きな自信になったことだろう。

 次戦は大みそかが有力だ。内山が復帰すれば再びダブル世界タイトルマッチとなる。主役が内山であることに変わりはなくとも、田口の存在感は以前とは違うはずだ。内山とて最初からビッグネームだったわけではなく、徐々に存在感を高めていった。1年後、2年後、田口がさらなる飛躍を遂げている姿に期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田口良一
宮崎亮
河野公平
ルイス・コンセプシオン

ボクシングの前後のコラム

ページトップ