プロ野球亭日乗BACK NUMBER

チームの雰囲気を変える男の帰還。
高橋巨人は阿部慎之助を待っていた。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/06/03 16:30

チームの雰囲気を変える男の帰還。高橋巨人は阿部慎之助を待っていた。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

交流戦1日目のオリックス戦、阿部は復帰早々に2ラン本塁打を放った。

「僕に求められているのは長いのを打つこと」

 去年のクライマックスシリーズ。チームの勝利のためにバットを短く持って、安打狙いの打撃に徹したが、改めて振り返って心に決めたことがあった。

「ちょんちょんとやればヒットになる。でも結局、あれもチームのためにはならなかった。ヒットを打つだけだと点にはならなかった。結局、僕に求められているのは長いのを打つこと。そこで何が大事なのかと思ったら、フルスイングできる態勢を作ることなんです」

 今年の開幕前にインタビューしたときに、阿部はこう今年の自分の打撃への決意を語った。故障でファームで過ごしていた間も、スイングができるようになってからは、連日朝の7時半にはジャイアンツ球場にやってきて、ひたすらマシンと向き合って打ち続けた。

 この試合でも第1打席からフルスイングを見せたが、久々の一軍の投手の球になかなか目が慣れなかった。それでもスイングするたびに徐々に修正して、3打席目には結果を残してみせたのだった。

 技術やパワーは決して衰えているのではない。コンディションさえしっかり維持できれば、まだまだ阿部は阿部である。

 そのことを証明した一撃だったわけである。

結果が出なければ、ユニフォームを脱ぐ覚悟か。

「すぐにこうして結果を出すのはやっぱりさすがだな、と思いますね。そういうものを望んで期待していましたし、その期待にしっかり応えてくれたかなと思います」

 高橋監督もこう絶賛した。

 あとは自分との戦いであることも阿部は分かっている。

「やっぱり一番、難しいのはコンディションですね。キャッチャーをやって一発(ファウルチップを)食らったらお終いかもしれないですしね。でもダメだったら……その覚悟でやっていく」

 阿部慎之助は阿部慎之助であるために――結果が出なければ、すっぱりユニフォームを脱ぐ覚悟を胸の内に秘めている。

関連記事

BACK 1 2 3
阿部慎之助
読売ジャイアンツ
高橋由伸

プロ野球の前後の記事

ページトップ