野球クロスロードBACK NUMBER

チームの重圧を全部背負って打つ!
4番の主将・内川聖一が目覚めた夜。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/10/19 15:20

チームの重圧を全部背負って打つ!4番の主将・内川聖一が目覚めた夜。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

CSに臨むにあたり「レギュラーシーズンの悔しさを払拭する」と明言していた内川。

「この人たちのために頑張りたい」という思い。

 その直後の5月19日のオリックス戦で、内川は本塁打を含む3安打3打点と4番としての責務を全うすることができた。

「野球の神様っておるんやな。よかったな」

 試合後、小久保は自分のことのように内川の復調を喜んでくれた。

 それは同時に、内川の肩から重荷が取り除かれた瞬間でもあった。

 偉大な記録は達成できなかった。総合的な数字を見ても納得できる成績ではないことは、誰よりも内川自身が理解し、自戒もしている。

 だが、今の内川は、もう迷わない。

「もちろん、いい成績を残したいと思いながらやっていますけど、僕はそこだけを目指してやっているわけではないんで。4番として、自分が打てなくてチームが勝ったら複雑な気持ちになることもありますし、チームの期待に100点満点で応えたいとはいつも思っています。でも、一番の目的は最終的にみんなが喜ぶために頑張ることなんですよね。自分が打っても負けてしまえば、ファンのみなさんはがっかりする。試合が終わって、肩を落としながらバス停に向かって歩いているファンの姿を見ると、『あぁ……これだけの人たちの期待を裏切ってしまったんだな』って思うようになったんですね。でも、自分が打って試合にも勝てば、ものすごい歓声を送ってくれる。その瞬間がたまらないんですよね。チームはもちろんですけど、『この人たちのために頑張りたい』って思えるんですよ」

 日本シリーズの相手はヤクルトに決まった。

 10月24日の頂上決戦の開幕へ向けて、内川は「よし、行くぞ!」とモチベーションを高め、スイッチを強気に切り替えていく。

 それは、チームとファンの喜びが爆発する瞬間までオフになることはない。

関連記事

BACK 1 2 3
内川聖一
小久保裕紀
工藤公康
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ