Number ExBACK NUMBER

吉田義男×掛布雅之×岡田彰布!!
歴史に残る初のレジェンド鼎談。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byYoshiyuki Hata

posted2015/09/09 14:00

吉田義男×掛布雅之×岡田彰布!!歴史に残る初のレジェンド鼎談。<Number Web> photograph by Yoshiyuki Hata

あの優勝から30年――。「三人で話すのは初めて」というレジェンドたち。対談の冒頭、吉田元監督は「昔のことをこうして集まって話せるのは、幸せなことでっせ」と語った。

レジェンドたちの願い。

岡田 いやいや、守りから帰った時点で監督に言われましたから。

掛布 監督、出してるじゃないですか!

吉田 まあ、結果的には1回もバントはさせてないと。僕は、そういう「信念」でおったんです。事実、岡田がバントした記録は残ってない!

岡田 そら、記録はないですわ(笑)。

 ……このような具合で2時間におよぶ白熱の初鼎談は無事に終了し、三人は風のように去っていったのだった。

 この日は現在の阪神タイガースの戦術面、特に和田豊監督の采配の評価につながることについては、現場を慮ってのことだろう、それほど多くは語られなかった。ただ、その中であえて注文があるとすれば――。

 主将の鳥谷敬が、「負け」まで背負うチームリーダーになること。

 そして、今まさにシーズン最終盤をたたかうナインが自分たちを超えてくれること。

 タイガース創設八十周年の夏の終わり、猛虎のレジェンドたちはそのふたつを強く願っていた。

虎に愛された男たちの本邦初の鼎談「猛虎に惚れた人生やから」は'85年当時のエピソード、その後の時代のこと、阪神への思い……と、記念の年にふさわしい盛りだくさんの内容。本編はNumber885号「猛虎、神撃。」でぜひお読みください。
<阪神タイガース八十周年特集>猛虎、神撃。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
吉田義男
岡田彰布
掛布雅之

プロ野球の前後のコラム

ページトップ