野ボール横丁BACK NUMBER

15奪三振と「サードゴロ」――。
ついに力尽きたドクターK・松井裕樹。
 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/08/20 18:20

15奪三振と「サードゴロ」――。ついに力尽きたドクターK・松井裕樹。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

準々決勝で敗れた松井だが、この試合でも15奪三振を記録。今大会での奪三振数は、坂東英二、斎藤佑樹に続く史上3位の68個となった。

前日に142球を投げ、その約19時間後に登板した松井。

 松井は、前日に142球を投げて完投し、それから約19時間後にこの試合を迎えていた。

「立ち上がりから、肩が重かったので、気持ちだけで放っていた。8回は(疲労が)ピークでした」

 それでも9回表は、三者凡退に抑え、最後の打者はこの日、15個目となる三振で締めくくった。

 ただし、1アウト目と2アウト目、通算132人目と133人目の打者に対して、ヒットよりも珍しい「サードゴロ」を立て続けに許した。

 それが松井の限界を何よりも雄弁に物語っていた。

関連記事

BACK 1 2 3
松井裕樹
中野速人
田村龍弘
北條史也
光星学院高校
桐光学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ