SCORE CARDBACK NUMBER

2連覇を狙うホンダは
開幕戦でなぜ敗れたか。
~今季のモトGPを展望する~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2012/04/23 06:00

2連覇を狙うホンダは開幕戦でなぜ敗れたか。~今季のモトGPを展望する~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

昨年と同じく、3人だけが異次元の速さだった開幕戦。彼らを脅かすライダーは現れるか。

 WGP開幕戦カタールGPが、4月8日、ドーハ郊外のロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された。優勝したのはヤマハのエース、J・ロレンソで、2位D・ペドロサ、3位C・ストーナーと、ホンダ・ワークスのライバル2人を抑えての勝利だった。

 表彰台に立った3選手が、別世界の速さで優勝争いを繰り広げたのは去年と同じだが、今年は順位が違う。

 BSタイヤの1社供給時代になってからのモトGPクラスは、タイヤのパフォーマンスをいかに引き出せるかの戦いになっている。昨年は、タイヤに合わせてマシンのバランスを大きく変えたというホンダ勢が好調で、ストーナーの速さが際立った。だが今年は、ホンダがマシンのセットアップに苦労し、対照的にヤマハの仕上がりが順調なため、3選手のタイムが接近した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ホンダ
ホルヘ・ロレンソ
ダニ・ペドロサ
ケーシー・ストーナー
ヤマハ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ