F1ピットストップBACK NUMBER

19年間を戦い抜いたF1界の鉄人。
バリチェロはこのまま引退なのか? 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/12/18 08:02

19年間を戦い抜いたF1界の鉄人。バリチェロはこのまま引退なのか?<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

ホンダが突然撤退宣言をした2008年よりは今の状況は悪くない、という主旨のコメントを発表し、新たなスポンサー探しに奔走するバリチェロ。それが事実ならば、来年も彼の姿をサーキットで見られるはずなのだが……

「セナの後継者」という重みに負けたフェラーリ時代。

 そして、その十字架の重みに耐えられず、何度もひざまずいたのがスチュワートとフェラーリ時代の9年間だった。

 常勝チームだった2000年代前半のフェラーリで、タイトル争いを演じられなかっただけでなく、母国グランプリでも一度も勝てなかったバリチェロは、'06年にホンダに移籍。しかし、そのときバリチェロの背中には背負うべき十字架はなかった。代わりにそれを背負って母国の期待を担ったのは、後輩のフェリペ・マッサだった。

 それでもバリチェロはレースを辞めなかった。

 むしろ、バリチェロがバリチェロらしいレース人生を送るのは、それからだった。

 '08年11月。バリチェロにとって16年目のシーズンが終了したとき、バリチェロに翌年のシートはなかった。その年で契約が切れるバリチェロに代わって、ホンダが'09年に向けたテストでステアリングを握らせたのが、ブルーノ・セナだったからである。

屈辱の契約条件をはね返した、5年ぶりの復活優勝。

 ところが翌月、想定外の事態が起きる。ホンダがF1から撤退したのだ。

 チームは存亡の危機に立たされ、すべてが白紙に戻された。そして、新チームを立ち上げて'09年シーズンに参戦することを決意したロス・ブラウン代表がジェンソン・バトンのチームメートに選んだのが、自宅のトレーニングルームで毎日、黙々と汗を流していたバリチェロだった。

 しかし、このとき、ブラウン代表はひとつだけ条件をつけた。それは「もし、多額の持参金を擁するドライバーが現れた場合は、交替してもらう可能性がある」ということだった。屈辱とも思える内容だったが、バリチェロはその条件をのむ。なぜなら、それしか現役を続ける道がなかったからである。そして、その危機もバリチェロは見事に脱出する。それだけでなく、ヨーロッパGPで'04年以来となる優勝を遂げるのである。5年ぶりの優勝は、母国の大先輩がだれも果たしたことがない見事な復活劇だった。

【次ページ】 不惑を目前に控えた鉄人が323戦目を走る日は……。

BACK 1 2 3 NEXT
ルーベンス・バリチェロ
フェリペ・マッサ
アイルトン・セナ
ホンダ
フェラーリ
ウイリアムズ

F1の前後のコラム

ページトップ