Jリーグ観察記BACK NUMBER

Jから去りゆく外国人監督たち。
新たな監督選びに求めたい“色”。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAtushi Hashimoto

posted2011/11/19 08:02

Jから去りゆく外国人監督たち。新たな監督選びに求めたい“色”。<Number Web> photograph by Atushi Hashimoto

記者会見で「チームと離れるのが本当に辛い」と涙を流したセレッソのクルピ監督。クラブ側は6季目の続投を要請したが、単身赴任生活が5年に及んだことで、母国ブラジルにいる家族の気持ちに応えることにしたという。球団社長の藤田信良社長は「監督が作り上げたセレッソのサッカーと育成を継続したい」とコメントした

今のJ1クラブには実現性が低い漠然とした目標が多い。

 また、ヨーロッパを参考にすると、「勝ち点」を目標にしてもいい。

 J1では勝ち点40前後が残留のボーダーラインになるので、「勝ち点40が目標」と言えば、少々つまらないサッカーをしても目をつぶるということになる。その場合、残留の実績がある監督を選ぶのが一般的だ。

 もっと大胆に長期的なビジョンを打ち出し、「来季2部に落ちてもいいから、5年後に1部で優勝する」という5カ年計画を発表してもいい。

 今のJ1を見ると、中堅クラブの多くがACL出場権獲得や魅力的なサッカーを目標に掲げているが、実現性が低かったり、漠然としており、結局何も言っていないに等しいように思う。

 選ぶ方も、選ばれる方も、“色”がはっきりすれば、監督の国籍は関係ない。まだまだ欧州や南米の方が個性的な監督が多いことは確かだが、日本にも色のある監督が出てきている。監督が入れ替わるのを機に、大胆なビジョンを打ち出すチームが出てくることを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
ミハイロ・ペトロビッチ
レヴィー・クルピ
セレッソ大阪
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後の記事

ページトップ