MLB東奔西走BACK NUMBER

メジャー選手を悩ませる人間関係。
松井秀喜復活の理由は監督の更迭? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/08/21 08:01

メジャー選手を悩ませる人間関係。松井秀喜復活の理由は監督の更迭?<Number Web> photograph by Getty Images

8月17日にオークランドで行なわれたオリオールズ戦に松井秀喜は、3番・指名打者で出場。4打数1安打、1得点の活躍をみせ、6-5でチームの勝利に貢献した

メジャー成功の秘訣は監督との人間関係にあり!?

 だが多くのメディアやファンはそうした実情を理解することなく、彼らの成績だけを指標とし若い選手には「実力不足」の烙印を押し、ベテラン選手に対しては「引退間近」と見なそうとする。

 しかし、実際は監督の采配を超えたチームの看板選手(例えばイチロー選手がそうだろう)を除けば、自分の実力を発揮できない環境に置かれ、苦闘しながら消えていく選手たちは決して少なくない。

 今シーズンの松井に関していうと、“監督の裁量”という人間臭い部分が選手の成績、さらに彼らの将来にまで影響していたとハッキリ断言できるケースとなっていた。実力社会のメジャーとはいえ、上司によって働く場が一変してしまう一般サラリーマンと似た悲哀を味わうこともあるということか。

■関連コラム ► 移籍か、残留かで揺れた福留、上原、黒田の決断。~シーズン中トレードを巡って~
► 松井秀喜の500号で考えた、日米通算記録の価値。~イチローの場合と比較して~

BACK 1 2 3
松井秀喜
オークランド・アスレチックス
ボブ・メルビン
福留孝介
クリーブランド・インディアンス
マニー・アクタ
上原浩治
バック・ショーウォルター

MLBの前後のコラム

ページトップ