リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

セビージャに移籍の指宿洋史が示した
“日本人大型FW”の新たな可能性。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2011/07/27 10:30

セビージャに移籍の指宿洋史が示した“日本人大型FW”の新たな可能性。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

日本でサッカー指導者として活動してるジョアン・サルバンスに見出されて17歳にしてスペインへ渡った指宿。サルバンスは、バルセロナの元ジュニアユースの監督であった

指宿や宇佐美の未来が、W杯優勝への夢につながる。

 2008年夏、筆者は三ッ沢球技場で行なわれたadidas CUP準決勝を観戦した。U-18柏レイソル対U-18ガンバ大阪戦には、指宿と宇佐美貴史が出場していた。

 それから3年後、指宿がスペインの強豪セビージャに、そして宇佐美がドイツの盟主であるバイエルンに入団した。

 彼らの存在は日本人選手のさらなる可能性への想いを膨らませる。それは日本人MFがスペイン人MFを上回る活躍をスペインでするようになり、例えばドイツで屈強な日本人FWやセンターバックがレギュラーとして活躍するということだ。

 夢のような話かもしれないが、日本がワールドカップ優勝を果たすとしたら、そういう選手を揃えた時ではないだろうか。若く有能な選手の存在はサッカーファンにあらゆる可能性を想像させてくれる。

■関連コラム► 中村がリーガで活躍できる理由と、過去の日本人FWが失速した原因。
► 指宿洋史 「未知なる193cm砲の挑戦」

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

指宿洋史
セビージャ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ