日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

ザック構想の3トップで「真ん中」候補!
ハーフナー・マイク代表入りの可能性。
 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2011/06/25 08:00

ザック構想の3トップで「真ん中」候補!ハーフナー・マイク代表入りの可能性。<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

父親のディドはオランダのトップリーグで活躍後、1986年にマツダSC(現サンフレッチェ広島)にGK兼コーチとして来日。母親はオランダの7種競技の元チャンピオン。弟は名古屋のユースチームでセンターバックで活躍中。1994年に家族全員で日本国籍を獲得した

代表は「サッカーをやっていくなかで目指していく場所」

 ハーフナーに話を戻そう。

 代表レベルになるとまだ物足りない。淡白なミスが目立つこともあれば、細かいプレーで荒い部分もある。しかしながらビアホフの姿がだぶる部分も決して少なくない。

 空中戦の強さに加えて懐も深く、ボールキープには長けている。槙野智章や柏木陽介らと同世代の1987年生まれで、伸びしろにも期待できる。

 ハーフナー自身、代表入りにようやく意欲を見せ始めている。

「サッカーをやっていくなかで目指していく場所ではある。でもまだまだ自分にはミスも多いし、そういうところを変えていかないといけないと思っています」

 ビアホフはセリエBのアスコリで活躍したことでザッケローニ率いるウディネーゼに引っ張られ、セリエAの舞台で評価を上げてドイツ代表に定着するようになった。そしてハーフナーにもJ2から這い上がってきたという共通点がある。

 ビアホフの道を往くためにも、J1の舞台でゴールを積み重ねていかなければならない。

関連記事

BACK 1 2 3
ハーフナー・マイク
ヴァンフォーレ甲府

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ