詳説日本野球研究BACK NUMBER

今季のキーワードは“下克上”!?
ヤクルトとオリックス、大躍進の予感。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/03/22 10:30

今季のキーワードは“下克上”!?ヤクルトとオリックス、大躍進の予感。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ヤクルトの本格派左腕・村中恭兵は昨シーズン11勝を挙げ、奪三振数もリーグ2位と飛躍の年となった。今シーズンはチェンジアップを習得することで投球の幅を広げ、課題の制球力も向上させたい

 歴史的な大惨事に見舞われた日本。開幕の延期など難しい問題もあったが……日程はともかくペナントレースは始まるのだ。

 今季のペナントレースは波乱含み。

 昨年、Bクラスに低迷したチームの戦力補強が進んだのに対して、Aクラス球団のマイナス要素がセ・パ両リーグとも目立つからだ。

 セ・リーグの覇者・中日は主戦投手の吉見一起、チェンに続き、昨年開花の兆しを見せた堂上直倫(内野手)も鎖骨の骨折で満足なキャンプを送れず、計算に狂いが生じた。阪神は守りの要・城島健司(捕手)の故障・出遅れに加え、小林宏(FA移籍)の人的補償で若手の成長株・高濱卓也(内野手)がロッテに移籍。巨人は統一球の導入で持ち味の一発攻勢が難しそうだし、先発投手陣の外国人依存も改められていないなどマイナス要素が少なくない。

 Bクラス球団は反対にプラス材料が目立つ。

 ヤクルトは村中恭兵、由規を中心とした若手投手陣の充実がめざましく、打撃陣の弱さを十分カバーしている。13年連続Bクラスを低迷中の広島は今村猛など若手投手の成長に加え、即戦力ルーキーの大量入団で課題だった投手陣に安定感が出てきたのが強みだ。

東日本大震災に被災した楽天は厄災をバネにできるか?

 パ・リーグに目を転じれば、昨年の日本一チーム・ロッテは首位打者・西岡剛(遊撃手)のメジャー移籍と守護神・小林宏の阪神移籍が重なったことで投打にマイナス要素が加わり、西武は一昨年から続くリリーフ陣の整備が一向に進まず、レギュラー捕手・細川亨のソフトバンク移籍もマイナス要素。

 Bクラス組では、“斎藤佑樹人気”で選手間に気分の高揚と緊張が生まれた日本ハムと、韓国のスーパースター・朴賛浩(パイレーツ・投手)、イ・スンヨプ(巨人・一塁手)を獲得したオリックスの充実ぶりが目を引く。東日本大震災を被った楽天は、阪神淡路大震災に被災しながら'95年にリーグ優勝を果たしたオリックス同様、復興の力が躍進のエネルギーへと変換される可能性が無視できない。

 これらのプラス要素とマイナス要素をどのように比較・分析するかによって、今年のペナントレース予想はさまざまに変わる。筆者は優勝争いの軸に、ヤクルトとオリックスが加わってくるのではないかと考える。

【次ページ】 ヤクルトがセ・リーグの台風の目になる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
東京ヤクルトスワローズ
オリックス・バファローズ
村中恭兵
由規
増渕竜義
中澤雅人
朴賛浩
寺原早人
イ・スンヨプ

ページトップ