野球クロスロードBACK NUMBER

ぶれない野球でチームを支える。
ペナントの行方を決める「ベテラン力」。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/03/23 10:30

ぶれない野球でチームを支える。ペナントの行方を決める「ベテラン力」。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

「生きるか死ぬかという人がいる中で、野球どころじゃないだろうという人もいるだろうけど、今は野球しかできないから」という、震災に関してのコメントを残している山崎武司。2軍で調整中だったが、3月の開幕に向けて1軍入りし、調子を上げている途中の震災となった

 彼らは多くの苦難を味わい、その都度、煩悶しながらも自ら答えを導き出し、結果を残してきた経験がある。

 だからこそ、いかなる状況であろうとも泰然自若の精神を貫き、ゲームでは安定した力を発揮することができる。

 これが、ベテラン選手の共通項だ。

 今年、満40歳以上の選手は12球団中8球団で14名。30代後半も含めれば、全球団にベテラン選手がいることになる。日程が進むにつれ苛烈さが増すペナントレースにおいて最終的にチームを救うのは、昨シーズンでいえば、リーグを制した中日の山本昌やロッテの井口資仁、今岡誠のように、戦い方を熟知しているベテラン選手であるケースが目立つ。今シーズンも、おそらくそのような展開になる可能性は高い。

4番を任された山崎武司の揺るぎない「ベテラン力」。

 なかでも、最も「ベテラン力」が試されるのは楽天の山崎武司だ。12球団で唯一、監督が代わり、しかもそれが闘将・星野仙一となればチームはガラリと変わる可能性がある。

 だが山崎は、「だからといって自分を変えてはいけない」と、キャンプ前からその姿勢は一貫している。

「星野監督になってチームがより戦う集団になることは非常にいいことです。でも、トップが代わったからといって自分の野球観、今までやってきたことがブレてはいけないと思うんですよ。確かに、人や環境が変わったことで、自分をよく見せようとうわべだけの理想は誰だってあるだろうけど、現実はそんなに甘くはない。最終的に勝つのは、どんな状況でも日頃から小さなことをコツコツと努力できる人間だと僕は思っています」

 中日時代から山崎を知り尽くしている星野は、チーム内の競争を表面化させる一方で、早々と4番に任命した。打線の幹を安定させれば、枝をいかようにアレンジしようとも倒れることはない。そんな思惑が窺える楽天は、昨年の最下位から一気に頂点を狙う。

【次ページ】 田口壮は言葉ではなく、身をもってチームをまとめる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山崎武司
田口壮
佐伯貴弘
金本知憲

ページトップ