Web Original
プロ野球コラム
左が昨季まで使用されていた公式球。右が今季から統一して使用されることとなったミズノ社製の低反発球(とその断面)。見た目でも縫い目などがハッキリ違うのが分かる
photograph by KYODO
野球クロスロード

「飛ばない」「滑る」は言い逃れ?
統一球の導入で見抜かれる真の実力。

田口元義 = 文

text by Genki Taguchi

photograph by KYODO

 今シーズンから導入されているミズノ社製で統一されたプロ野球の公式球、いわゆる統一球は、「雑」に作られている。

 とはいっても、世界最高水準のモノづくりの技術を誇る日本が手を抜くわけがない。野球における国際化を図るべくあえて雑な手法を施した、と表現したほうが正しいだろう。

品質を落とすという、「国際化」への道。

 では、どこを雑にしたのか? 大きなところを挙げればボールの表面を覆う牛革だ。これまで使用されていた革は上質とされている背中部分のみだったが、それを脇や腹の一部まで広げた。そして、牛革やウール材などの生産も国内ではなく中国となった。そのことにより、昨年までのボールと比べると滑りやすくなったと言われている。

 そのほかの変化では、縫い目の幅が7ミリから8ミリと1ミリ広くなり、高さは1.1ミリから0.9ミリと0.2ミリ低くなった。また、コルク芯を覆うゴム素材も新たな低反発素材を使用。一定の目標値から算出したところによると約1メートル飛距離が落ちるという、いわゆる「飛ばないボール」となった。

 統一球の狙いは'09年のWBCに起因している。同大会の公式球に苦心する選手が多かった事実を踏まえ、似た仕様のボールを国内リーグに導入することで今後の国際大会に違和感なく臨んでほしい、というわけだ。

統一球に合わせた、選手それぞれの対策方法とは?

 こうして迎えた「統一球元年」。選手たちはそれぞれ対策を練っている。

 投手は分かりやすい。投げ込むことで指にボールをなじませ、滑りやすいのであればロージンバッグを多くつけるなどして対応する。

 打者はもっと具体的だ。巨人のラミレスは、昨シーズンよりも10グラム重い930グラムのバットに代え、重量で飛距離を補おうとしている。横浜の村田修一は逆に、バットを軽くしスイングスピードの速さで遠くへ飛ばす打撃に努めている。

 とはいっても、慣れないボールに戸惑う選手は少なくない。

 投手では、3月2日のゲームで先発した広島の前田健太が苦しんだ。

<次ページへ続く>

【次ページ】 スライダーやカーブを武器とする投手には有利か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
プロ野球 トップへ ナンバーウェブトップへ

野球クロスロード バックナンバー

ランニング特集 『Number Do』 第2号発売中! 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
超スローボールは有効な投球術といえる?
投球術だと思う

最も投げるのに勇気がいり また技術もいる球だから! 打者の打ち気を逸しタイミングを狂わせる絶妙な球。 大リーグボール3号を  …すべて読む

ベイバスターさん
2014/08/22 00:09
に投稿
阿部慎之助と小林誠司、巨人の正捕手はどちらがいい?
小林誠司

もう世代交代すべき キャッチャーは守備力で決めるべき。 小林の方がキャッチャーの守備力が上すべて読む

ベイバスターさん
2014/08/22 00:03
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • <NumberWebリニューアル記念> トップパネルギャラリー
最新号表紙
859
8月21日発売
W杯後の世界。
~EUROPEAN FOOTBALL 2014-2015~