SCORE CARDBACK NUMBER

W杯イヤーに華を添えた、
史上最高の花園大会。
~高校ラガーマンに見えた未来~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2011/02/02 06:00

W杯イヤーに華を添えた、史上最高の花園大会。~高校ラガーマンに見えた未来~<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

決勝後半、布巻を軸に怒涛の反撃を仕掛けた東福岡。両校優勝は1988年度以来、史上4回目

 ノーサイドの笛が鳴った瞬間、少し戸惑った表情を浮かべた選手たちは、『両校優勝』と知ると、安堵したような笑みを浮かべ、互いの肩を叩いて健闘を称え合った。連覇を果たした東福岡と、初優勝を飾った桐蔭学園。両校のキャプテンが並んで表彰状を受け取る。大優勝旗、カップ、盾……表彰が続くたびに、両校から1人ずつ選手が受け取りに歩み出て、握手をかわし、交互に記念品を引き取る。見ている方も幸福感に包まれる、高校ラグビーならではの爽やかな光景。

「史上最高の大会になる」。今冬の花園は、そんな前評判を裏切らなかった。とりわけ、2年連続同カードとなった決勝は、互いに持ち味を出し切ったスリリングな好ゲーム。桐蔭学園は竹中祥、松島幸太朗のダブルエースを軸に自陣からも果敢にアタックを挑み、一時は21点の大量リード。東福岡は、1年時から花園を暴れ回ったパワフルCTB布巻峻介を筆頭に、頑健なコンタクトプレーで真摯に前進を繰り返し、終了直前に同点に追いつく。

印象的だった、両校監督の満足そうな笑顔。

 ファイナルスコアは31対31。傍からは、桐蔭学園が勝ち損ねたようにも見えたが、藤原秀之監督は「60分間、互いに精一杯戦った結果が同点だったということ。悔しさはまったくありません。素直に喜びたい」とキッパリ。東福岡の谷崎重幸監督も「両方の選手たちが本当にいいゲームをしてくれた」。両監督の、満足そうな笑顔が印象的だった。

 きっと、この決勝は一年前から運命づけられていたのだと思う。昨春は、高校日本代表のフランス遠征から帰国後、熊谷で行なわれる選抜大会へ合流するまでの間、布巻が竹中の家に滞在し、互いの長所を学び合った。東福岡を率いる布巻と水上彰太、桐蔭学園の小倉順平主将らリーダーたちが発する言葉はいつも冷静で、対戦相手と仲間への敬意に溢れ、聞いていて感心してしまう。未完成、荒削りなイメージの強い高校生ラガーマン像とは不釣り合いにも思えるが、自分と周囲の関係を的確に捉え、常にポジティブなメッセージを発信しながら行動する彼らの姿勢は、チームに確かな足取りをもたらし、約束のファイナルまで導いた。18歳の底力、要求されればどこまででも伸びる可能性を、改めて思い知った。

 2011年。日本ラグビーのワールドカップイヤーは幸福な時間で幕を開けた。

■関連コラム► オコナーの大活躍に思う日本の育成のあり方。~大学ラグビーにインターン制度を~
► 敵地で強豪を撃破、ジャパンの価値ある2勝。~ラグビーW杯へ向けて急成長中!!~

ページトップ