プロ野球PRESSBACK NUMBER

ロサリオには代役も降格もいらない!
藪恵壹が見たタイガース助っ人問題。

posted2018/05/25 08:00

 
ロサリオには代役も降格もいらない!藪恵壹が見たタイガース助っ人問題。<Number Web> photograph by Kyodo News

メジャーではシーズン28本塁打を記録するなど5年間で71本塁打。昨年まで所属した韓国ハンファでは2年間で70本塁打を記録した。

text by

藪恵壹

藪恵壹Keiichi Yabu

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 交流戦を前にしても、相変わらずタイガースの攻撃力不足が指摘されています。打率、得点、本塁打数とリーグ最低なのは、広い甲子園を本拠地にしているせいもあると思いますが、その中でも取り上げられているのがロサリオですね。(5月23日現在、打率2割3分4厘、4本塁打、20打点)

 新助っ人がこの時期に期待通りに打てていないと、毎年必ずと言っていいほど、球団が新たな外国人選手を探すという動きが出て、それが話題にもなります。

 ただ、この時期には、もう力のある選手というのは残っていないことがほとんどですし、ジタバタする必要はないと思います。フロントも現場も動きすぎないことが大事なのではないでしょうか。

“真面目すぎる”ロサリオのサポートを。

 というのは、ロサリオを見ていて、“真面目すぎる”のでは、と思うことがあるからです。試合前のバッティング練習から自分の弱点と言われる部分を克服しようと一生懸命に打っていますが、それを外で見せる必要があるのかなと思ってしまいます。

 おそらく首脳陣から指摘されたことを忠実に実践しているんだと思いますが、すでに実績や経験があるわけですから、自分が気持ちよく試合に入れる方法を優先して、周りもそれをサポートすればいいのではないでしょうか。

 試合を見ていても、投手が一塁へけん制した時、何度も何度もうなずいて、投手へボールを返している。あれはチームに溶け込もうという姿勢の表れだと思いますが、あんなに何度もうなずく外国人選手も珍しい。そういうところからも“真面目すぎる”という一面がうかがえます。

 だからこそ、首脳陣やフロントが動くことは本人への重圧になるのではないか、と。重圧から解放し、自信を持たせるということが一番なのではないかと思うんです。

【次ページ】 「特徴」を引き出すのが重要では。

1 2 NEXT
阪神タイガース
ウィリン・ロサリオ
藪恵壹

ページトップ