バレーボールPRESSBACK NUMBER

「インドアもビーチも同じバレー」
元全日本エース越川優を変えた言葉。

posted2018/05/08 11:00

 
「インドアもビーチも同じバレー」元全日本エース越川優を変えた言葉。<Number Web> photograph by Makoto Baba

インドアからビーチへと転向した2人。越川(左)にとって大先輩・西村の存在は大きい。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Makoto Baba

「負けは負けなので……。結果を受け止めるだけです。アジア競技大会出場のチャンスはなくなりましたけど、すべてのチャンスが消えたわけじゃない。まだまだ、やらなければいけないことはたくさんあるので、その課題をひとつずつクリアしていくしかないですね」

 4月28日、東京・大森東水辺スポーツ広場にて開催されたビーチバレーボールJVAカップ、アジア競技大会日本代表チーム選考大会。2戦目で、同じく昨シーズンからビーチに転向した石島雄介(トヨタ自動車)と高橋巧(了徳寺大学)ペアに0対2で敗れた越川優(横浜メディカルグループ)は試合後、記者に囲まれて語った。

「収穫がない試合というのは、今の僕にはありません。砂が変わったり、そういった環境の変化の中で、どれだけ自分のプレーができるかがビーチバレーの特徴です。こういう砂のときのプレーの仕方はわかったので、この経験は今後につながると思います」

 大田のコート特有の柔らかく、体が沈みやすい砂に足を取られ、スパイク、レシーブともに精彩を欠いた。

「でもやっぱり悔しいですよ」

「来週からもう海外でツアーがあるので、今日の試合で出た課題を修正しなければいけません」と前を向いたが、ポロリと本音がこぼれる。

「まぁ、でもやっぱり悔しいですよ」

 笑顔は見せたものの、口調は厳しかった。

 昨シーズン、インドアからビーチバレーに転向し、2シーズン目を迎える越川には今年、大きな変化があった。昨年度の長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)と離れ、新たに西村晃一(WINDS)とペアを組んだことである。

 西村晃一は2002年にインドアからビーチへと進出した、いわば転向組の先駆者だ。インドア時代には全日本で活躍し、ビーチ転向後の2006年には日本代表としてドーハのアジア大会にも出場している。年齢は今年、45歳。越川が高校を卒業し、サントリーサンバーズに入団した前年にビーチバレーへと転向している大ベテランだ。

【次ページ】 西村も転向組なのが心強い。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
越川優
西村晃一
東京五輪
オリンピック

ページトップ