バレーボールPRESSBACK NUMBER

バレーで欧州3カ国を渡り歩いた男。
古賀太一郎、海外との向き合い方。

posted2018/05/15 17:00

 
バレーで欧州3カ国を渡り歩いた男。古賀太一郎、海外との向き合い方。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto

全日本に選ばれた古賀は、「メンタルで負けずに世界としっかり戦える集団になる手助けができればと思います」と話す。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Sakamoto

 今年度の全日本男子チームには、今シーズン(2017/18シーズン)海外リーグでプレーした選手が過去最高の4人いる。

 主将の柳田将洋、石川祐希、大竹壱青、そしてリベロの古賀太一郎だ。

 今季初めて海外に出て、ドイツ1部リーグのバレーボール・バイソンズ・ビュールでプレーした柳田は、キャプテンを任され、攻撃の中心として活躍した。

 その柳田に、「中堅レベルのリーグからスタートし、ステップアップの足がかりを作ったというのは、今後海外を目指す選手のモデルケースになるのでは?」と聞くと、こう答えた。

「それを言うなら古賀太一郎さんですね。あの人こそリスペクトできるし、日本人もちゃんとステップを踏めば、トップレベルのリーグでバレーができるってことを現実にしてくれている。自分がこうなってみて改めてすごいと思います」

 石川も以前、同様の発言をしていたことがある。

昨年には柳田にも声をかけた。

 その話をすると、古賀は照れくさそうに言った。

「自分はそんな、誰かのモデルになろうなんて思っていないし、『オレのうしろについてこい』なんて感じでもない。ただ、そういう(海外でプレーする)選択肢もあるんじゃない? というだけです」

 そう言いながらも、海外に興味を持っている選手から連絡がくると、「じゃあオレのエージェントに聞いてやるよ」と親身になって相談にのる。

 昨年は、古賀が契約したポーランド1部のザヴィエルチェがアウトサイドの選手を探していたため、柳田に声をかけた。

「海外に行きたいというのは聞いていたので、柳田に『オレの方から監督に言うこともできるよ』と言ったら、『もう(ビュールとの契約に)サインしちゃいました』って(笑)。タイミングは合わなかったけど、そういうところから行くチームというのは広がっていくものなんです。サポートというほどじゃないですけど、自分ができることはやります。海外に出たいという選手が増えればいいなと思うので」

【次ページ】 フィンランドで視界が開けた。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ
関連キーワード
古賀太一郎
柳田将洋
石川祐希
大竹壱青

ページトップ