マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

野球の新練習法は冗談から生まれる。
外野の頭を越えたらグラブを外す?!

posted2017/12/19 07:00

 
野球の新練習法は冗談から生まれる。外野の頭を越えたらグラブを外す?!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

現在も、野球がうまくなるための練習方法は新しいものが日々生まれている。ふとした思い付きから始まる革命もあるはずだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 12月に入ってからの野球界のニュースといえば、「大谷翔平」か「契約更改」。

 どちらも浮世離れした数字が飛び交うばかりで、関係ないや……と思えば野球界の人たちの肩の力も抜けがちで、逆に警戒心が消えて気楽に語られる話がとても面白く興味深い。それもまた、オフの“オフらしい”ところなのだ。

 今ごろは何かと関係者が集まる会合も多く、その折、また散会後のひとときに、そんな方たちと交わした“雑談”の中に、アハハで済ますにはもったいないほど、野球の“本質”にジャストミート、ないしはかすった内容のものがあったので、ご披露せずにはいられなくなった。

 あるアマチュア野球の指導者の方と冗談を言い合う中で、こんな展開があった。

「この前、ブルペンで投げてるヤツがあんまりコントロール悪いんで、お前ほんとにミット見て投げてんのかって言ったら、見てるイメージはあります……とか、よくわかんないこと言ってるんですよ」

ミットが隠れたら、逆によく見ようとする。

 フォームをよく観察したら、首を激しく使って投げている。

「どうせミット見てないんだったら、ミットが見えない状況だとどうなるんだろうと思って……」

 バッテリー間の真ん中あたりに、フリーバッティングで投手を守るのに使うネットを置いて、その上にシートをかぶせて捕手が見えない状況で投げさせてみたという。

「そいつ、ちゃんと見て投げてるんですよ。もちろん見ようとしたって見えないんですよ、シートかぶせてあるんですから。それなのに、ネットの向こうにいるキャッチャーのミット見てるみたいにして、ネット越しに投げてるんですよ。面白いのはね、その時のそいつのフォーム、すごくいいんですよ。顔も飛んでないし、こっち(グラブサイド)でちゃんとバランスもとってるし」

 見えないから、見ようとする。

 見ようとするから、顔が動かない。

「たぶん、そういうことなんだと思います。いつでも見えると思うから、いつの間にか見ることがおろそかになっている」

【次ページ】 ネットに向かって投げたら、コントロールが劇的に改善。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大谷翔平

ページトップ