フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

名古屋GPファイナルで宇野昌磨2位。
それでも「後悔なし」だった理由。

posted2017/12/11 17:00

 
名古屋GPファイナルで宇野昌磨2位。それでも「後悔なし」だった理由。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

19歳の宇野、18歳のチェン、22歳のコリヤダ――次世代を担う若者たちがズラリと表彰台に並んだ。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 12月7日から名古屋の日本ガイシホールにて、2017年GPファイナルが開催された。

 今シーズンは羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、パトリック・チャンら表彰台の常連選手が不在の上、ボーヤン・ジンまで怪我で棄権。代わりにミハイル・コリヤダ、ジェイソン・ブラウンの初進出の2人と、アダム・リッポン、セルゲイ・ボロノフらのベテラン勢が健闘した。

 注目はやはり宇野昌磨とネイサン・チェンの戦いだったが、僅差でチェンが初タイトルを手にした。

「ここでの結果は嬉しいけれど、演技そのものには満足していません。でもこれを学びの体験として、自分の欠点を見つめなおし、シーズンこの先さらに成長していきたいと思います」

 18歳のネイサン・チャンは、優勝会見でそう口にした。

 SPは大きなミスなくトップだったものの、フリーではジャンプのミスがいくつか出た。総合286.51という数字は、彼の自己ベストスコア307.46よりも20ポイント以上低い。結局どのトップ選手もジャンプミスが出て、不完全燃焼気味の男子シングルだった。

 4回転の難易度を落として完成度を上げる、という選択は考えていないのかと聞かれると、チェンはこう答えた。

「オリンピック前に全米選手権があるので、その後に具体的に戦略を決めることになると思う。でもシーズンを通して、複数の4回転をやってきたのは自分に有利にはたらいてきました」

2位に終わるも、演技後には皆を和ませてくれた宇野。

 地元名古屋開催で、優勝を期待されていた宇野昌磨はわずか0.50の差で2位に終わった。

 SPでは、4フリップ、4+3トウループのコンビネーションを完璧に決めるも、3アクセルで一度着氷したが、エッジが抜けて転倒した。滑り終えると、手を頭に当てて「やってしまった!」と言わんばかりにぺろりと舌を出した。

 演技後、3アクセルの転倒の理由を聞かれると、普段のようなテイクオフができなかったため、きつく体を締めたら回りすぎて、普段とは違う位置に着氷したのだという。

「自分(の気持ちの中)では降りていたんですが、氷がなかったです」と、記者たちを笑わせた。

【次ページ】 宇野がSPでマイナス2減点された理由。

1 2 3 4 NEXT
宇野昌磨
ネイサン・チェン
ミハイル・コリヤダ
ジェイソン・ブラウン
アダム・リッポン
セルゲイ・ボロノフ
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス
パトリック・チャン
ボーヤン・ジン
平昌五輪
オリンピック

ページトップ